1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの温度は?1分でわかる温度の基準、上限、夏、打込み温度

コンクリートの温度は?1分でわかる温度の基準、上限、夏、打込み温度

コンクリートは、温度管理が重要です。固まる前のコンクリートを生コンといいますが、温度は高過ぎても、低すぎても駄目です。まるで食材みたいですよね。今回は、コンクリートの温度と基準、上限、夏や冬の打ち込み温度について説明します。なお、夏期に施工するコンクリートを暑中コンクリート、冬期に施工するものを寒中コンクリートといいます。下記の記事が参考になります。

暑中コンクリートとは?1分でわかる意味、読み方、温度補正、打込み温度、養生方法

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法、空気量

コンクリートの温度は?

コンクリートはデリケートな材料です。温度を適切に管理しないと、良い品質のコンクリートはできません。例えば、夏は気温が高いです。気温の高い時期にコンクリートを打設すると、水分蒸発により、ひび割れが起きやすいです。


これを防ぐために、セメントや骨材は熱くないものを使うこと、水は低温のものを使います。


寒いときは、コンクリート内の水分が凍結する恐れがあります。また寒いと、コンクリートの硬化が進まず、強度が出現しにくいです。これを防ぐため、練り混ぜ水を加熱するなど、凍結しない対策が必要です。


硬化前のコンクリートを、「生コン(なまこん)」といいます。新鮮な食材と同じように適切な温度管理が必要です。

コンクリートと温度の基準

コンクリートには、温度に関連する色々な基準があります。下記に整理しました。


コンクリートの打ち込み時間は、温度に応じて変わります。下記に整理しました。


コンクリートの打重ね時間も温度で変わります。


共通するのは、「気温が高いほど、早い時間で作業を行う」ことです。コンクリートは、温度が高いほど硬化のスピードが早いです。打込みや打継の時間を短くしないと、コンクリートが行き届かずに硬化します。

寒中コンクリート

寒中コンクリートは、冬期に施工するコンクリートです。寒い時期は、コンクリートが凍結する恐れがあり、適切な対応が必要です。


寒中コンクリートについては、下記の記事が参考になります。

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法、空気量

暑中コンクリート

暑中コンクリートは、夏期に施工するコンクリートです。暑い時期は、コンクリート中の水分が蒸発し、ひび割れなど生じます。湿潤状態になるよう対策が必要です。


暑中コンクリートについては、下記の記事が参考になります。

暑中コンクリートとは?1分でわかる意味、読み方、温度補正、打込み温度、養生方法

まとめ

今回は、コンクリートの温度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリートは、固まるまではデリケートな材料です。時期に応じて、温度の上限が違います。暗記する必要は無いですが、明記してある書籍の名前を覚えたいですね。また暑中コンクリート、寒中コンクリートは下記の記事が参考になります。

暑中コンクリートとは?1分でわかる意味、読み方、温度補正、打込み温度、養生方法

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法、空気量

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの温度は?1分でわかる温度の基準、上限、夏、打込み温度