1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 打ち重ねとは?1分でわかる意味、打ち継ぎとの違い、注意点、時間

打ち重ねとは?1分でわかる意味、打ち継ぎとの違い、注意点、時間

打ち重ねとは、硬化途中のコンクリートの上に、コンクリートを打ち込むことです。打ち継ぎは、硬化したコンクリートに新しいコンクリートを打ち込むことです。似た用語ですが、全く意味が違います。今回は、打ち重ねと打ち継ぎの意味、違い、注意点、打ち重ね時間について説明します。※なお、夏期や冬期は、コンクリートの打ち込み時間が変わります。下記の記事が参考になります。

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法

暑中コンクリートとは?1分でわかる意味、読み方、温度補正、打込み温度

打ち重ねとは?

打ち重ねとは、硬化途中のコンクリートに、新しいコンクリートを打ち込むことです。「硬化途中」なので、所定の時間内に新しいコンクリートを打ち込めば、コールドジョイントなどの不具合がおきません。


先に打ち込んだコンクリートと、新しいコンクリートが一体化するよう、下記の点に注意して施工します。


・締固めはバイブレーターを使用する

・バイブレーターは打ち込み層ごとに用いる。また、打ち込み層が複数の場合、下層にバイブレーターの先端が入るまで垂直に挿入する

・挿入間隔は60cm以下とする

・振動時間は、コンクリート表面にセメントペーストが浮き上がるまで行う

打ち重ねと打ち継ぎの違い

打ち重ねと、打ち継ぎの違いを下記に整理しました。


打ち重ね ⇒ 先に打設した硬化途中のコンクリートに、新しいコンクリートを打ち込むこと。所定の時間内に新しいコンクリートを打設し、適切な施工を行えば、問題ありません。

打ち継ぎ ⇒ 硬化したコンクリートに、新しいコンクリートを打設すること。

スポンサーリンク
 

鉛直打ち継ぎと水平打ち継ぎ

鉛直打ち継ぎと水平打ち継ぎを下図に示しました。

鉛直打ち継ぎと水平打ち継ぎ

梁などの水平部材は、鉛直打ち継ぎです。柱などの鉛直部材は、水平打ち継ぎですね。

打ち継ぎの注意点

打ち継ぎは、硬化したコンクリートの後に、新しいコンクリートを打設しています。硬化したコンクリートをA、後から打設したコンクリートをBとします。


極端に言えば、AとBは一体化されていません(鉄筋で繋がっていても一体化とはいえない)。


よって、打ち継ぎの位置は構造的に影響が少ない位置に設けます。下記に整理しました。


・梁、スラブおよび屋根スラブの鉛直打ち継ぎは、スパンの中央または端から1/4付近に設ける。

・柱および壁の水平打ち継ぎは、スラブ、梁の下端またはスラブ、梁、基礎梁の上端に設ける

・片持ち床スラブなどは、打ち継ぎを設けない。


打ち継ぎ箇所は、最もせん断力が小さい箇所に設けます。「スパンの中央、端から1/4付近」とは、梁のせん断力が小さい位置ですね。


また、当然ですが、1端のみで支持する片持ち部材は、打ち継ぎは設けては駄目です。

打ち重ねの時間

先に打設したコンクリートは、時間とともに硬化が進みます。よって、打ち重ねをするときは、所定の時間までに新しいコンクリートを打設します。下記に整理しました。


・外気温25℃未満 ⇒ 150分以内

・外気温25℃以上 ⇒ 120分以内

まとめ

今回は打ち重ねについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。打ち重ねと打ち継ぎは、混同しやすい用語です。意味をきいても、理解が難しいですよね。ポイントは、「硬化途中か」「硬化した後か」です。構造的には、打ち継ぎはできる限り避けたいです。打ち継ぎを行う場合、打ち継ぎの位置に注意してくださいね。下記の記事も併せて参考になります。

コンクリートの弱点は?1分でわかる弱点と種類、劣化とひび割れ

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 打ち重ねとは?1分でわかる意味、打ち継ぎとの違い、注意点、時間