1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 敷モルタルとは?1分でわかる意味、厚さ、目的、施工方法、配合

敷モルタルとは?1分でわかる意味、厚さ、目的、施工方法、配合

敷モルタルとは、プレキャストコンクリートの壁下に充填するモルタルです。プレキャストコンクリートの建て方時に設け、不陸(凸凹)を調整します。今回は敷モルタルの意味、厚さ、目的、施工方法、配合について紹介します。


モルタル、コンクリートの意味は下記の記事が参考になります。

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

敷モルタルとは?

敷モルタルとは、プレキャストコンクリートの建て方時に、壁下に充填するモルタルです。下図をみてください。これが敷モルタルです。

敷モルタル

敷モルタルは、不陸を調整する目的で設けます。プレキャストコンクリートを設置する面が、凸凹だと壁が傾いたまま施工されます。これでは、建物の精度が確保されません。そこで、敷モルタルを設け、不陸を調整します。

敷モルタルの厚さ

敷モルタルの厚さは、レベル調整材10mm程度高くします。幅は、壁厚程度とし、建て方後、壁厚と同等になるよう調整します。

敷モルタルの目的

敷モルタルの目的は、


プレキャストコンクリート接地面の不陸(凸凹)の調整


です。似た目的の部材に、無収縮モルタルがあります。無収縮モルタルは下記の記事が参考になります。

柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い

敷モルタルの施工方法

敷モルタルの施工方法は下記です。


・敷モルタルを成形する。幅は壁厚程度で、厚みはレベル調整材より10mm高くする

・プレキャストコンクリートの建て方を行う

・建て方直後、壁厚からはみ出た分の敷モルタルを除去する(モルタルは、接合部内に押し込むように除去する)

敷モルタルの強度

敷モルタルの圧縮強度は、部材コンクリートの品質強度以上とします(材齢28日のとき)。※品質基準強度の意味は、下記の記事が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


なお、養生方法は標準水中養生とします。※標準水中養生の意味は、下記の記事が参考になります。

標準水中養生とは?すぐに分かる意味と、現場水中養生との違い

敷モルタルの配合

敷モルタルの配合は、重量比でセメント1:砂3程度が一般的です。床石の貼り付けでは、容積比でセメント1:砂4程度とします。

まとめ

今回は敷モルタルについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。敷モルタルは、不陸を調整するモルタルです。プレキャストコンクリートの建て方時に用います。鉄骨柱脚の均しモルタルと同じ考え方ですね。敷モルタルの意味、強度なども覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い

柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 敷モルタルとは?1分でわかる意味、厚さ、目的、施工方法、配合