1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの養生とは?1分でわかる意味、養生日数、温度、湿潤養生

コンクリートの養生とは?1分でわかる意味、養生日数、温度、湿潤養生

コンクリートはデリケートな材料です。特に、硬化する前のコンクリート(生コン)は、適切な温度管理、湿潤状態に保たないと、強度の発現が遅れること、ひび割れの原因になります。今回は、コンクリートの養生の意味、養生日数、養生の温度、湿潤養生について説明します。なお、圧縮強度を確認する目的の「供試体」は、標準水中養生を行います。下記の記事が参考になります。

標準水中養生とは?すぐに分かる意味と、現場水中養生との違い

コンクリートの養生とは?

コンクリートが硬化するまで、適切な環境に保つことを「養生」といいます。皆さんが思っているより、コンクリートはデリケートな材料です。硬化する前は「生コン(なまこん)」と言うくらいです。ある意味、「生野菜(なまやさい)」のように適切な管理が必要です。


コンクリートは適切な温度管理、湿潤状態(水分で湿った状態)を保てないと、強度発現が遅れることや、ひび割れが起きやすくなります。コンクリートの強度発現で最も適切な環境が、実は

です。上記の環境で養生することを、標準水中養生といいます。※下記の記事が参考になります。

標準水中養生とは?すぐに分かる意味と、現場水中養生との違い


もちろん、建物は水槽に入りませんので、適切な養生が行えるよう規定があります。


なお、寒い時期に施工するコンクリート(寒中コンクリート)、暑い時期に施工するコンクリート(暑中コンクリート)で、養生方法が違います。下記の記事が参考になります。

暑中コンクリートとは?1分でわかる意味、読み方、温度補正、打込み温度、養生方法

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法、空気量

コンクリートの養生日数と温度

コンクリートの養生日数と温度の関係は下記です。


早強ポルトランドセメントは、強度発現が早い分、温度を保つ日数が短いです。

コンクリートの湿潤養生と、養生期間

コンクリートは湿潤状態にすることが基本です。※簡単に言うと、水分で湿った状態です。湿潤養生の期間は、下記です。


中庸熱ポルトランドセメントとは、水和反応速度が遅く低発熱なセメントです。発熱量の多いコンクリート(マスコンクリートなど)に使います。


つまり湿潤養生の期間は、

と考えてくださいね。

まとめ

今回はコンクリートの養生について説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリートはデリケートな材料です。適切な温度や状態で管理します。今回の内容は、一級建築士試験でも頻出するポイントなので注意したいですね。下記の記事も併せて参考にしてください。

標準水中養生とは?すぐに分かる意味と、現場水中養生との違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > コンクリートの養生とは?1分でわかる意味、養生日数、温度、湿潤養生