1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 材齢とは?1分でわかる意味、読み方、数え方、強度の発現する日数、養生との関係
スポンサーリンク

材齢とは?1分でわかる意味、読み方、数え方、強度の発現する日数、養生との関係

材齢とは、コンクリートを打設してからの養生日数(経過日数)をいいます。例えば現場水中養生した供試体コンクリートの圧縮強度は、材齢28日に試験を行います。その他、コンクリートの強度は材齢28日を基準に考えることが多いです。今回は、材齢の意味、読み方、数え方、強度の発現する日数、養生との関係について説明します。養生の意味、型枠の取り外し期間など、下記が参考になります。

コンクリートの養生とは?1分でわかる意味、養生日数、温度、湿潤養生

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

材齢とは?

材齢とは、コンクリートを打設してからの養生日数(経過日数)です。後述しますが、材齢の日数は、コンクリートを打設した日を含みません。よって、1日に打設したコンクリートの材齢7日は、8日です。


コンクリートの圧縮強度は、材齢28日を基準に考えることが多いです。材齢28日の強度を4週強度ともいいます。1週間が7日なので、4週で28日ですね。


また、供試体の圧縮強度を確認する場合、養生方法により材齢の日数が変わります。養生の意味、種類は下記も参考になります。

コンクリートの養生とは?1分でわかる意味、養生日数、温度、湿潤養生

標準水中養生とは?すぐに分かる意味と、現場水中養生との違い

材齢の読み方

材齢の読み方は「ざいれい」です。関係用語の読み方は、下記が参考になります。


設計基準強度 ⇒ せっけいきじゅんきょうど

構造体強度補正値 ⇒ こうぞうたいきょうどほせいち


設計基準強度、構造体強度補正値の意味は、下記が参考になります。

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味

構造体強度補正値とは?3分で分かる意味、温度による違い

材齢の数え方

材齢は打設した次の日から数えます。例えば1日に打設したコンクリートの材齢28日は、29日です。材齢7日なら、1日⇒8日。材齢14日は、1日⇒15日ですね。

コンクリートの強度が発現する日数

コンクリートの強度が発現する日数は、材齢28日が一般的です。建築基準法施行令第74条では、コンクリートの強度は、


四週圧縮強度は、1平方メートルにつき12ニュートン以上であること


と明記されています。材齢28日での強度が基準です。

材齢と養生の関係

養生方法により、強度を確認するときの材齢が変わります。現場水中養生では、材齢28日で強度を確認します。現場封かん養生では、材齢91日までの供試体の強度を確認します。詳細はJASS5が参考になります。

まとめ

今回は材齢について説明しました。意味、数え方など理解頂けたと思います。材齢は、コンクリートを打設してからの養生日数(経過日数)です。材齢の意味、数え方を覚えましょう。材齢とコンクリートの強度の関係も理解してくださいね。下記も参考になります。

コンクリートの養生とは?1分でわかる意味、養生日数、温度、湿潤養生


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 材齢とは?1分でわかる意味、読み方、数え方、強度の発現する日数、養生との関係