1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > マスコンクリートってなに?1分で分かる意味と特徴

マスコンクリートってなに?1分で分かる意味と特徴

マスコンクリートをご存じでしょうか。設計者でもマスコンクリートを聞いたことが無い人は多いようです。マスコンクリートはコンクリートの種類の1つです。今回は、マスコンクリートについて説明します。

マスコンクリートってなに?

マスコンクリートは、「大断面のコンクリート」です。ちなみに元々の語源は英語です。「massive concrete」は直訳で「大規模」という意味があります。それをカタカナ言葉に訳したものが「マスコンクリート」です。


JASS5によれば、最少断面が壁、梁部材で80cm以上、マット状、柱状で100cm以上のものが目安になります。※JASS5に関しては下記の記事が参考になります。

JASS5ってなに?1分で分かるJASS5の意味について

なぜ断面が大きいだけで、普通のコンクリートと分けているのか。それは、マスコンクリートが大きな断面の部材のため、水和熱による内部温度上昇など、普通コンクリートにはない特徴があります。

マスコンクリートの特徴

マスコンクリートには下記の特徴があります。

マスコンクリートは大断面のため、水和熱も大きいです。そのためコンクリート内部と外部との温度差が大きく、温度応力によるひび割れが発生します。マスコンクリートの品質確保では、上記のひび割れをいかに抑制するかが命題です。

マスコンクリートの材料

前述したように、マスコンクリートは水和熱が大きいコンクリートです。よって水和熱をなるべく発生させない材料選定が大切です。例えば水和熱を抑える下記のセメントを使います。

また、高性能AE減水剤の使用も水和熱を抑制する効果的な方法です。水和熱とは、セメント粒子と水が反応することで発生する熱です。単位水量を減らして水和反応を抑制できれば、温度上昇も抑えることが可能です。


但し、高性能AE減水剤を多量にするとワーカビリティが悪くなります。※ワーカビリティに関しては下記の記事が参考になります。

1分でわかるワーカビリティの意味と、スランプとの関係

まとめ

今回は、マスコンクリートについて説明しました。マスコンクリートは大断面のコンクリートであること、そのため水和熱が大きいことを覚えておきましょう。その2つが理解できれば、ひび割れが発生しやすいことも想像できると思います。


中々覚えにくい用語ですよね。英語をわざわざカタカナ語に訳したおかげで「マスコンクリート」という変な言葉が生まれています。「大断面コンクリート」が分かり易くて良いのですが。


話しが逸れましたが、マスコンクリートに併せて下記の記事も参考にしてください。

コンクリートの種類は?よくわかる7種類のコンクリートの特徴

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > マスコンクリートってなに?1分で分かる意味と特徴