1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 暑中コンクリートとは?1分でわかる意味、読み方、温度補正、打込み温度、養生方法

暑中コンクリートとは?1分でわかる意味、読み方、温度補正、打込み温度、養生方法

暑中コンクリートとは、夏期に施工されるコンクリートのことです。暑中コンクリート専用の仕様が規定されます。今回は、暑中コンクリートの意味、読み方、温度補正、打込み温度、養生方法について説明します。また、暑中コンクリート似た用語で、寒中コンクリートがあります。寒中コンクリートは下記の記事が参考になります。

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法、空気量

暑中コンクリートとは?

暑中コンクリートとは、夏期に施工されるコンクリートです。夏期とは、

と規定されます。JASS5によると、概ね7月〜9月までが夏期です。詳しくはJASS5をご確認ください。

建築工事標準仕様書・同解説 5―JASS 5 2018 鉄筋コンクリート工事


夏は気温が高いです。硬化中のコンクリートは、気温の上昇に伴い、表面の水分が蒸発します。蒸発に伴い、ひび割れが生じます(乾燥による収縮)。


夏期には、温度上昇に配慮した仕様が必要です。例えば、下記があります。


他にも、温度補正、打込み温度、養生方法などに注意します(後述しました)。

暑中コンクリートの読み方

暑中コンクリート、寒中コンクリートの読み方は下記です。


読み方が特殊なので注意したいですね。

暑中コンクリートの温度補正

暑中コンクリートの温度補正は下記です。

詳細は下記の記事が参考になります。

構造体強度補正値とは?3分で分かる意味、温度による違い

暑中コンクリートと打込み温度

暑中コンクリートの温度は、荷卸し時で

とします。また、練り混ぜから打ち込みまでの時間は90分以内です。通常の打ち込み時間より短いので注意します。

暑中コンクリートの養生方法

暑中コンクリートを養生するときは、急激な水分蒸発を防ぐため、散水が必要です。コンクリートは、乾燥すると、ひび割れるからです。必ず、湿潤養生します。

まとめ

今回は暑中コンクリートについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。暑中コンクリートは、夏期に施工されるコンクリートです。普通コンクリートとは仕様が違います。暑中コンクリートは、コンクリート表面の水分が蒸発しないよう、散水が必要です。荷卸し時の温度を守ること、セメントや骨材は、炎天下で加熱されてないものを使いましょうね。※なお、寒い時期は、寒中コンクリートとします。寒中コンクリートの意味は、下記の記事が参考になります。

寒中コンクリートとは?1分でわかる意味、水セメント比、温度、養生方法、空気量

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 暑中コンクリートとは?1分でわかる意味、読み方、温度補正、打込み温度、養生方法