1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > セメントとコンクリートの違いは?1分でわかる違い、強度、使い方
スポンサーリンク

セメントとコンクリートの違いは?1分でわかる違い、強度、使い方

セメントとは、水などと混ぜることで硬化する石灰石などが主原料の粉です。コンクリートは、「水、セメント、細骨材、粗骨材」を練り混ぜた材料です。硬化すると高い圧縮強度を発現します。鉄筋とコンクリートを併せた鉄筋コンクリートは、建築物の構造部材として使います。また似た用語にセメントペースト、モルタルがあります。今回は、セメントとコンクリートの違い、強度、使い方について説明します。セメントペースト、モルタルの詳細は下記が参考になります。

セメントペーストとは?1分でわかる意味、使い方、水の量、タイルとの関係

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

セメントとコンクリートの違いは?

セメントとコンクリートの違いを下記に示します。


セメント ⇒ 水と反応し硬化する材料。石灰石などが主原料の粉

コンクリート ⇒ 水、セメント、細骨材、粗骨材を練り混ぜた材料。セメントを使った材料の1つ。建物を支える構造部材の材料として使う。


セメントの詳細は下記が参考になります。

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント


またセメントを用いた材料に「セメントペースト」「モルタル」があります。セメントペーストはセメントと水を練り混ぜたもの、モルタルはセメントペーストに細骨材を加えた材料です。セメントペースト、モルタルの詳細は下記が参考になります。

セメントペーストとは?1分でわかる意味、使い方、水の量、タイルとの関係

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント


建築物に使うセメントは、ポルトランドセメントが主流です。詳細は下記が参考になります。

ポルトランドセメントとは?1分でわかる種類、成分、使い方、特徴

スポンサーリンク

セメントとコンクリートの強度

セメント自体は粉末です。水や砂などと混ぜて硬化させることで強度が発現します。コンクリートは高い圧縮強度を発現します。鉄筋コンクリート造の設計では、設計基準強度24N/muをよく使います。コンクリートの強度については、下記をご覧ください。

コンクリートの強度と単位は?1分でわかる意味、強度の単位、fc、読み方、単位換算

セメントの使い方

セメントは水と混ぜることで意味があります。建築業界では、セメントを使った材料として


セメントペースト

モルタル

コンクリート


などがあります。

まとめ

今回はセメントとコンクリートの違いについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。セメントは石灰石などを主原料とする粉です。水と反応し、時間が経つと硬化します。セメントを使った3つの材料の違いを是非覚えてくださいね。下記も参考になります。

セメントペーストとは?1分でわかる意味、使い方、水の量、タイルとの関係

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 >セメントとコンクリートの違いは?1分でわかる違い、強度、使い方
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事