建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > セメントの種類 > セメントとコンクリートの違いは?1分で分かる違い、使い方、強度、作り方

セメントとコンクリートの違いは?1分で分かる違い、使い方、強度、作り方

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


セメントはコンクリートの原料の1つです。セメント・骨材(細骨材、粗骨材)・水を混ぜて養生し、硬化したものがコンクリートです。セメントは粉状ですが、硬化後のコンクリートは塊状です。また硬化前のコンクリートは粘性のある液状です。セメントには色々な種類があります。標準的なセメントは「普通ポルトランドセメント」ですが、用途に応じてセメントを使い分けます。今回はセメントとコンクリートの違い、使い方、強度、作り方について説明します。セメントの種類、モルタルやセメントペーストの違いは下記が参考になります。

セメントの種類は?特徴、成分、記号のまとめ

モルタルとコンクリートの違いは?1分でわかる違い、見た目、強度、配合

セメントペーストとは?1分でわかる意味、使い方、水の量、タイルとの関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

セメントとコンクリートの違いは?使い方、強度

セメントとはコンクリートの原料の1つです。セメント・骨材(細骨材、粗骨材)・水を混ぜて養生し、硬化したものがコンクリートです。


イメージしにくい人は「お好み焼きの粉=セメント」、「粉に野菜とかお肉を混ぜて固めた(焼き固めた)もの=コンクリート」と覚えても良いかもしれません。


また、セメントと水を混ぜたものを「セメントペースト」、セメントと水、細骨材を混ぜたものを「モルタル」といいます。下記に、セメントとコンクリートなどの違いを整理しました。


・セメント ⇒ 下記材料の原料。石灰石、粘土、けい石、酸化鉄、石こうを主原料とする

・セメントペースト ⇒ セメントと水を混ぜて硬化したもの

・モルタル ⇒ セメント、水、細骨材(砂)を混ぜて硬化したもの

・コンクリート ⇒ セメント、水、細骨材、粗骨材を混ぜて養生し硬化したもの


またセメントは「粉状」、硬化後のコンクリートは「塊状、板状(※型枠の形状により形が変わる)」です。硬化前のコンクリートは粘性のある液状です。


セメントとコンクリートの違いが分からなくなったら、セメントは「粉」でコンクリートは「塊、板」だったなと思い出してください。


さて、セメントには色々な種類があります。セメントの種類を下表に示します。

セメントの種類 記号 JIS
ポルトランドセメント 普通ポルトランドセメント N R5210
早強ポルトランドセメント H
超早強ポルトランドセメント UH
中庸熱ポルトランドセメント M
低熱ポルトランドセメント L
混合セメント 高炉セメントA種 BA R5211
高炉セメントB種 BB
高炉セメントC種 BC
シリカセメントA種 SA R5212
シリカセメントB種 SB
シリカセメントC種 SC
フライアッシュセメントA種 FA R5213
フライアッシュセメントB種 FB
フライアッシュセメントC種 FC

標準的なコンクリート工事では「普通ポルトランドセメント」を使います。特殊な要因がある場合(例えば、冬場の工事など)、各状況に適したセメントを用います。各セメントの特徴、強度は下記も参考になります。

セメントの種類は?特徴、成分、記号のまとめ

スポンサーリンク

セメントとコンクリートの作り方

コンクリートは、セメント、細骨材(さいこつざい)、粗骨材(そこつざい)、水を練り混ぜ、所定の型枠に流し込み、強度が発現するまで養生して作ります。


「材料を混ぜるだけ」のように思いますが、そう単純ではありません。セメント、骨材、水の量や配合割合を間違えると、品質の劣るコンクリートになります。また、コンクリートの練り混ぜ、打設にも細かな規定があります。


コンクリートの標準的な作り方は下記の書籍が参考になるでしょう。

建築工事標準仕様書・同解説 5―JASS 5 2018 鉄筋コンクリート工事


またコンクリートの原材料となる「セメント」は、


・石灰石

・粘土

・けい石

・酸化鉄


を元に作ります。上記の原料を調合⇒焼成すると「クリンカー」とよぶ石のような塊ができます。これを粉砕し、さらに石こうを加えたものがセメントです。

まとめ

今回はセメントとコンクリートの違いについて説明しました。セメントはコンクリートの原料の1つです。セメント、骨材、水を混ぜて養生し、硬化したものがコンクリートです。覚え方として「セメントは粉」で「コンクリートは塊または板」と理解すれば忘れません。セメント、コンクリートには色々な種類があります。下記も勉強しましょうね。

セメントの種類は?特徴、成分、記号のまとめ

コンクリートの種類は?よくわかる7種類のコンクリートの特徴

【割引中】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
建築構造がわかる基礎図解集
pdf版の学習記事

更新情報

【こんな自己診断やってみませんか?】

【無料の自己分析】あなたの本当の強みを知りたくないですか?⇒ 就活や転職で役立つリクナビのグッドポイント診断

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > セメントの種類 > セメントとコンクリートの違いは?1分で分かる違い、使い方、強度、作り方
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事