1. HOME > 構造力学の基礎 > モルタルとグラウトの違いは?1分でわかる意味、無収縮モルタル、まんじゅうとの関係
スポンサーリンク

モルタルとグラウトの違いは?1分でわかる意味、無収縮モルタル、まんじゅうとの関係

グラウトとは、隙間に注入する材料の総称です。グラウト材として、無収縮モルタルがよく用いられます。モルタルは、セメント、水、細骨材を混ぜた材料です。今回はモルタルとグラウトの違い、意味、無収縮モルタル、まんじゅうとの関係について説明します。


無収縮モルタルは、ベースモルタル、柱底均しモルタルともいいます。詳細は、下記が参考になります。

ベースモルタルとは?1分でわかる意味、まんじゅう、厚さ、養生期間

柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い

モルタルとグラウトの違いは?

モルタルとグラウトの違いを下記に示します。


モルタル ⇒ セメント、水、細骨材を混ぜた材料

グラウト ⇒ 隙間に充填する材料の総称

無収縮モルタル ⇒ 収縮しないモルタルのこと。基礎とベースプレートの間に注入することが多い。


無収縮モルタルの特徴、配合方法などは下記が参考になります。

柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い

モルタルとグラウト、無収縮モルタルの関係

グラウト材は、隙間に充填する材料の総称です。グラウト材として多く用いられる材料が「モルタル」です。また、グラウト材として用いるモルタルは、収縮しない「無収縮モルタル」を用います。


主に無収縮モルタルは、柱脚部のベースプレート下から基礎天端間に注入します。このモルタルの厚みは、30mm、50mmが一般的です。


グラウト材として用いる無収縮モルタルは、一般的に、下記の材料を使います。混和材に用いる膨張材が、収縮を防ぐ材料です。


・配合は、容積比でセメント1:砂2とする

・セメントは普通ポルトランドセメント、早強ポルトランドセメントを使う

・混和材はセメント系膨張材を使う

無収縮モルタルとまんじゅうの関係

無収縮モルタルは、現場用語で「まんじゅう」といいます。無収縮モルタルは、まず所定の厚み分、下図のように造ります。これが、まんじゅうの形に似ているため、無収縮モルタルをまんじゅうと言います。

無収縮モルタルとまんじゅう

なお、ベースプレート下は残りの隙間も無収縮モルタルで充填します。

まとめ

今回はモルタルとグラウトについて説明しました。それぞれの意味、違いが理解頂けたと思います。グラウト材は、隙間に充填する材料の総称です。グラウト材によく使うのがモルタルです。無収縮モルタルの意味、配合を理解しましょう。下記の記事も参考にしてくださいね。

ベースモルタルとは?1分でわかる意味、まんじゅう、厚さ、養生期間

柱底均しモルタルとは?1分でわかる意味、読み方、a種、b種の違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > モルタルとグラウトの違いは?1分でわかる意味、無収縮モルタル、まんじゅうとの関係
  2. -->