1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築の設計者とは?1分でわかる意味、資格、必要な知識、責任、年収

建築の設計者とは?1分でわかる意味、資格、必要な知識、責任、年収

建築基準法では、設計者という用語が明確に定義されています。設計者とは、その者の責任において、設計図書を作成した者をいいます。今回は建築の設計者の意味、資格、必要な知識、責任、年収について説明します。


※設計者の業務範囲は、建築士法で定義されます。設計図書、建築士法については、下記の記事が参考になります。

設計図書とは?1分でわかる意味、読み方、優先順位、保存期間

建築士法とは?1分でわかる意味、内容、重要事項説明、工事監理

建築の設計者とは?

建築の設計者とは、建築基準法第2条1項十七号より、


その者の責任において、設計図書を作成した者


をいいます。


また、設計とは、


その者の責任において、設計図書を作成すること


です。※設計図書の意味は、下記の記事が参考になります。

設計図書とは?1分でわかる意味、読み方、優先順位、保存期間


さらに、建築物の「設計」は所定の資格が無いと行えません。よって設計者は、


・一級建築士

・構造一級建築士

・設備一級建築士

・二級建築士

・木造建築士


の資格を保有し、設計図書を作成した者のことです。設計図書には、どの設計者が設計を行ったのか、「建築士番号」「氏名」を明記し、押印します。

建築の設計者に必要な知識と資格

建築の設計者に必要な資格は下記です。


・一級建築士

・構造一級建築士

・設備一級建築士

・二級建築士

・木造建築士


なお、必要な知識として


意匠

構造

設備

環境

施工


があります。上記は、一級建築士の学科試験の科目です。構造一級建築士や設備一級建築士、はさらに専門性に特化した知識が求められます。※構造一級建築士は下記の記事が参考になります。

構造設計一級建築士とは?

設計者の責任

建築物の設計は、限られた人(建築士)しか行えません。建築士による独占的な業務である一方で、大きな責任が付きます。建築士法には、第38条より罰則規定がもうけられています。

設計者の年収

建築物の設計者の年収は、サラリーマンか、独立した設計者かで大きく違います。サラリーマンの場合300〜1000万程度でしょう。1000万円稼ぐサラリーマン設計者は、設計会社やゼネコン大手で働く方です。


独立して成功すれば、さらに大きく稼ぐことができます。これらは他の仕事と同じですね。※設計者の年収について知りたい方は、下記の記事が参考になります。

一級建築士が転職すべき1つの理由と、転職後の年収を調べる方法

まとめ

今回は建築の設計者について説明しました。意味が理解頂けたと思います。設計者とは、その者の責任において設計図書を作成する者のことです。設計者と設計図書、建築士との関係も覚えてくださいね。下記の記事が参考になります。

設計図書とは?1分でわかる意味、読み方、優先順位、保存期間

建築士法とは?1分でわかる意味、内容、重要事項説明、工事監理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築の設計者とは?1分でわかる意味、資格、必要な知識、責任、年収