1. HOME > >管理建築士とは?1分でわかる意味、講習、兼務と専任、一級建築士との違い
スポンサーリンク

管理建築士とは?1分でわかる意味、講習、兼務と専任、一級建築士との違い

管理建築士は、建築設計事務所を管理する建築士のことです。何を管理するのかというと、建築士の「業務」を管理します。例えば、業務量や業務の難易度などです。今回は管理建築士の意味、講習、兼務と専任の関係、一級建築士との違いについて説明します。


※建築士は、下記の記事が参考になります。

物理が苦手でも建築士になれる?物理分野の範囲、数学の必要性

管理建築士とは?

管理建築士は、建築設計事務所を管理する建築士です。管理する内容は、


業務量

業務の難易度

業務を担当する建築士の適正


などです。建築設計事務所で働く建築士の、「業務」に関して管理します。また、管理建築士は建築設計事務所ごとに置くことが「義務」です。


管理建築士は、建築士法24条に規定されます。下記に、管理建築士が行う管理内容を明記しました(法24条を抜粋)。


・受託可能な業務の量および難易並びに業務の内容に応じて必要となる期間の設定

・受託しようとする業務を担当させる建築士その他の技術者の選定および配置

・ほかの建築設計事務所との提携及び提携先に行わせる業務の範囲の案の作成

・建築士事務所に属する建築士その他の技術者の監督およびその業務遂行の適正の確保


なお、管理建築士と建築士事務所の開設者(例えば、事務所の社長)が異なる場合、開設者は管理建築士の意見を尊重する義務があります。

管理建築士になるには講習が必要

管理建築士になるには、下記の条件をクリアする必要があります。


・一級建築士または二級建築士、木造建築士であること

・建築士として3年以上の設計その他の国土交通省令で定める業務に従事すること

・管理建築士の講習を受けること

管理建築士は1つの事務所の専任となる必要がある。兼務は不可

建築士法24条より、管理建築士は「専任」である必要があります。他の建築士事務所と兼任はできません。そんなことがあるのか、と思うかもしれません。


例えば、本社の管理建築士を勤めるものが、支社の建築士事務所の管理建築士を兼務できません。同じ会社だとしても、建築士事務所ごとに管理建築士が必要です。

管理建築士と一級建築士との違い

管理建築士は、建築士事務所を管理建築士です。一級建築士、二級建築士、木造建築士でもなれます。よって、一級建築士とは違います。※当然、一級建築士が管理建築士になることは可能です。

まとめ

今回は管理建築士について説明しました。意味が理解頂けたと思います。管理建築士は、建築士事務所を管理する建築士です。建築士事務所で建築士が行う業務の管理を行います。管理建築士は一級建築士ではなくても、なれます。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

物理が苦手でも建築士になれる?物理分野の範囲、数学の必要性


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 管理建築士とは?1分でわかる意味、講習、兼務と専任、一級建築士との違い