1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 設計者は現場を知らない?設計を経験して感じた実際、現場の経験
スポンサーリンク

設計者は現場を知らない?設計を経験して感じた実際、現場の経験

「設計者は現場を知らない」と聞いたことがありませんか。実際、私が学生の頃も聞いたことがあります。私は大学院を修了して構造設計の仕事に就きました。今回は実際に設計を経験して感じたこと、設計者は現場を経験できるのか紹介します。設計がどんな仕事か知りたい方は、下記も参考になります。

設計とは?1分でわかる意味、設計図、種類、仕事内容、向き・不向き

設計者は現場を知らない?

「設計者は現場を知らない」とよく言われます。ここでいう「現場」は、色々な意味を含むと思いますが、「納まり」のことだと感じます。構造でいうと、部材の接合部や、構造部材と意匠材の接合部です。


私が実際に設計者になって感じたことですが、「現場(納まり)のことを知らない設計者」は確かにいます。


私が経験した限りでは、構造設計者は比較的、現場のことに詳しい方が多いです。構造設計は、単に構造計算して図面を描くだけでは無く、「施工できるか?」という点も考えて設計します。柱や梁の断面を決めてOKではなく、施工可能か常に考えます。


というのも、構造設計者は、構造部材に細心の注意を払っています。自分が計算した通りに施工されなければ、安全性に関わるからです。そのためには、構造設計の範囲だけでなく、意匠、設備の設計内容が、構造部材にどう影響するのか知りたいのです。※例えばスリーブ、想定外の荷重など。


よって、自然と意匠や設備など他分野との納まりに詳しくなります。


一方、意匠設計の方は、納まりに詳しくない方が多い印象でした。もちろん、設計事務所ごとに特徴は違いますし、個人にもよります。一概には言えないのですが、「現場を知らない」と言われても仕方のない方がいるのは事実です。

設計者は現場に嫌われている?

設計の仕事をしていると、施工者から、部分的に設計図を変えたいという要望や質疑がきます。質疑に目を通して、「構造的、法律的に問題ない」項目についてはOKを出します。ただし、構造部材の安全性に関わる変更はOKを出せません。

設計者は現場の経験ができる?

では、なぜ設計者は現場を知らない人が多いのでしょうか。これは、「設計者は現場の経験が少ない」からです。


特に設計事務所は、室内でのデスクワークが基本です。施工管理の仕事のように、常に現場で常駐しません。現場を経験する機会も少ないです。


一方、ゼネコンは、設計部にいる方でも、入社して数年は施工管理の仕事をします。設計事務所にいる設計者よりも、現場に詳しい方が多いです。

まとめ

今回は「設計者は現場を知らない」という話を、私の経験に基づいて紹介しました。設計者は、もっと現場のことを知るべきだと思います。特に、設計事務所では現場を経験する機会が少ないので、時間を作って積極的に現場へ行く機会を増やしたいですね。下記も併せて参考にしてください。

施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 設計者は現場を知らない?設計を経験して感じた実際、現場の経験