1. HOME > 構造計算の基礎 > 施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い

施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い

施工は、建築物などの工事を行うことです。施工主又は工事施工者とは、施工の請負人を意味します。工事施工者は建築基準法に明記されている用語です。今回は、そんな施工の意味、読み方、施工主の意味、施工と施行の違いについて説明します。


施工とは?

施工は、建築物など(工作物も含む)の工事を行うことです。施行は「せこう」と読みます。建築業界ではごく一般的に使う用語です。「工事を行う」という人は少なく、ほとんどの方が「施工」「施工を行う」といいます。


また、施工と似た用語で「施工管理」があります。施工管理とは、施工が円滑に進むよう工程、安全性などを管理する業務です。いわゆる「現場監督」が施工管理者です。


施工管理の仕事は、専門性が高いので国家資格である一級施行管理技士、二級施工管理技士の国家資格が必要です。

施工と施行の読み方、違い

施工に似た用語に「施行」があります。施行は「しこう」とよみます。施工と施行の違いを下記に示します。

です。


建築関係の法律で、

・建築基準法「施行」令

があります。施行とは、法令を実行する意味です。つまり、建築基準法を施行する具体的な施策が「施行令」といえます。

建築の分野で、施工と施行が入り乱れるので、混乱する人も多いです。注意したい用語ですね。


施行の読み方は、「しこう」が一般的ですが「せこう」という方もいます。確かに「せこう」とも読めるので間違いではありません。ただ、混乱しやすい用語なので使い分けたいところです。

施工主とは?施主との違い

施工主と施主の違いを下記に示します。


施工主とは、工事の請負人です。工事を行う人又は組織と考えてください。具体的にはゼネコン(〇○組、〇○建設などの会社)、ハウスメーカーなどです。


皆さんは工事会社、というかもしれません。建築基準法の用語としては、「工事施工者」が正式名称です。


また、似た用語で「施主」があります。これは、建物の建築を依頼する「お客様」の意味です。例えば、ハウスメーカーへ新築住宅の依頼する夫婦は「施主」です。


図書館を建設する市町村も「施主」に該当します。施工主と施主は全く意味が違うので注意したいですね。

まとめ

今回は施工の意味、読み方などについて説明しました。ごく一般的な用語ですが、改めて理解したいですね。特に施工と施行の違いは覚えておきましょう。漢字を間違えることのないよう注意してくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い