1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 現場代理人とは?1分でわかる意味、現場監督、現場所長との違い、主任技術者、監理技術者
スポンサーリンク

現場代理人とは?1分でわかる意味、現場監督、現場所長との違い、主任技術者、監理技術者

現場代理人とは、工事の元請け業者(受注者)を代表する人です。工事現場に関する大きな権限を持ちます。一般的に、現場所長ともいいます。今回は現場代理人の意味、現場監督、現場所長との違い、主任技術者、監理技術者との関係について説明します。


似た用語で、「現場監理」があります。監理の仕事は、下記の記事が参考になります。

建築の監理とは?1分でわかる意味、管理との違い、仕事内容、資格

現場代理人とは?

現場代理人とは、工事の元請け業者(受注者)を代表する人です。


監理技術者や主任技術者、統括安全衛生責任者を兼務する場合が多いです。一般的に現場所長といいます。※現場所長や現場監督は、一般用語です。


なお、現場代理人は、建設業法で定義される用語です。


現場代理人は、工事現場で大きな権限を有しています。下記の権限などを除いて、受注者の一切の権限を行使できます。


請負代金の変更

請負代金の請求または受領

工期の変更


現場代理人は大きな権限を持つため、定めたときは、氏名を発注者に通知します(書面での通知が必要)。

現場代理人と現場監督、現場所長との関係

現場代理人、現場監督、現場所長の違いを下記に整理しました。


現場代理人 ⇒ 元請け業者(受注者)を代表する人。建設業法に規定される用語

現場監督 ⇒ 現場に関わる元請け会社の社員のこと。一般的な用語

現場所長 ⇒ 現場の代表者。現場監督の代表で、現場代理人を兼務することが多い。一般的な現場では、現場代理人=現場所長。


現場監督と現場所長の意味は少し違いますね。現場所長は、その現場を代表する人です。現場代理人と一致することが多いです。一方、現場監督は元請け業者の施工管理を行う社員を意味します。ですから、新入社員の現場監督もいます。

現場代理人と主任技術者、監理技術者の関係

現場代理人は、工事請負契約約款の第10条より、


現場代理人、主任技術者または監理技術者および専門技術者は、これを兼ねることができる


と規定されます。実際、現場代理人が主任技術者や監理技術者を兼ねることは多いです。なお、主任技術者または監理技術者のどちらを置くのかは、請負代金の額などで変わります。

まとめ

今回は現場代理人について説明しました。意味が理解頂けたと思います。現場代理人は、元請け業者(受注者)を代表する人です。一般的に、現場所長といいます。現場監督と意味が違うので注意しましょう。また、現場代理人は監理技術者や主任技術者を兼務することが多いです。下記の記事も併せて参考にしてください。

建築の監理とは?1分でわかる意味、管理との違い、仕事内容、資格


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 現場代理人とは?1分でわかる意味、現場監督、現場所長との違い、主任技術者、監理技術者