1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のクリアランスとは?1分でわかる意味、寸法、考え方、エキスパンション

建築のクリアランスとは?1分でわかる意味、寸法、考え方、エキスパンション

建築には「クリアランス」という考え方があります。クリアランスは、施工上必要な「隙間」のことです。またエキスパンションを設けるとき、クリアランスが必要です。今回は、建築のクリアランスの意味、寸法、考え方、エキスパンションとの関係について説明します。※エキスパンションは下記の記事が参考になります。

エキスパンションジョイントとは?1分でわかる目的と構造

建築のクリアランスとは?

建築にはクリアランス、という考え方があります。クリアランスとは、施工上必要な「隙間」です。「ゆとり幅」「余裕」ともいえます。クリアランスが無いと、寸分違わぬ精度で部材をつくる必要があります。それは、建築物のように大きな製作物では不可能です。


よって、建築物をつくる部材(各構造部材、仕上げ材)は、ある程度の誤差が認められています。この誤差を吸収できる「隙間」がクリアランスです。


例えば、設計図で長さ1000mmの鉄骨梁を考えました。これを工場で加工するとき、数mm誤差があるかもしれません。


また、建築物は現場で「人間が」組み立てます。誤差を少なくする努力は行われていますが、人間の行うことです。必ず誤差が生じます。

クリアランスの寸法と考え方

鉄骨小梁の接合部は、10mmのクリアランスを空けて留めます。下図をみてください。

鉄骨小梁のクリアランス

鉄骨造は、工場で製作した部材を現場で組み立ててつくります(建て方といいます)。柱や大梁の位置は、現場で数mmずれるかもしれません。10mmのクリアランス無しだと、小梁所定のスパンに納まりませんね。

所定のスパンと小梁のスパン

5000mmのスパンに、5000mmの鉄骨を入れて留めることを考えてください。クリアランスが無いと難しいですね。


クリアランスは鉄骨小梁だけでなく、外壁、屋根、仕上げなど、多くの箇所で考えます。また、「熱膨張・熱収縮」もクリアランスが必要な理由です。


例えば、太陽の熱で部材は伸びます。クリアランスが無いと、熱膨張により部材を痛めます。コンクリートは、熱膨張、熱収縮を繰り返してひび割れが生じます。スパンや面積の大きい部材は、目地を設けます。

クリアランスとエキスパンション

隣り合う建築物の間に、クリアランスを設けることもあります。これは、地震で建物が揺れた時、建物同士が衝突しないためです。エキスパンションといい、この接合部が「エキスパンションジョイント」です。詳細は下記の記事が参考になります。

エキスパンションジョイントとは?1分でわかる目的と構造

まとめ

今回は建築のクリアランスについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。クリアランスは施工上必要な隙間です。これが無いと、現場で部材が納まりません。特に鉄骨造は、1つ1つの部材を組み立てて造るので、クリアランスが大切ですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のクリアランスとは?1分でわかる意味、寸法、考え方、エキスパンション