1. HOME > 構造計算の基礎 > 設計とは?1分でわかる意味、設計図、種類、仕事内容、向き・不向き

設計とは?1分でわかる意味、設計図、種類、仕事内容、向き・不向き

建築でいう設計とは、施主(お客さん)から受ける様々な要望を満たすための検討業務です。および設計図を作成する仕事です。今回は設計の意味、設計図との関係、設計の種類、設計職の仕事内容と流れ、設計職の向き・不向きについて説明しまし。なお、建築設計については下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

設計とは?

設計とは、施主(お客さん)から受ける様々な要望を満たすための検討業務です。建築設計であれば、居住空間の検討業務です。お客さんからの要望に満足する空間を提案し、それを図面化するのが、設計の仕事です。


建築物の設計は、建築士の独占業務です。建築設計については下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

設計と設計図

設計を具体化するものが「設計図」です。建築物の設計図には、下記の種類があります。


・意匠図

・設備図

・構造図


建築図面については下記の記事が参考になります。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

設計の種類

設計の種類は下記などがあります(下記以外にも、設計の種類は沢山あります)。


・建築設計

・意匠設計

・構造設計

・設備設計

・機械設計


建築設計については下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

設計の仕事内容

設計の仕事内容を下記に整理しました(もちろん、下記以外にも、細かく分けると色々な仕事を行います)。※なお建築設計の内容を説明します。


・施主(お客さん)とコミュニケーションをとり、設計条件を確認すること

・建築物の配置計画、平面計画、立面計画、断面計画など


設計の仕事内容については下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

設計職の向き・不向き

設計職には向き・不向きがあります。それぞれ整理しました。

設計職に向いている人

・その分野への情熱がある

・試行錯誤することが好き

・ストレスに強い

設計職に不向きな人

・言われたことをする方が好き

・ルールをはみ出るのが嫌い

・ストレスに弱い


設計職に向いている人は、情熱があり、色々と試行錯誤をするのが好きです。また、設計は責任が求められる仕事です。ストレスに強くては務まりません。

まとめ

今回は設計について説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築でいう設計は、お客さんから受ける様々な要望を検討する仕事です。要望を満たすよう設計図をつくる仕事です。設計は「無から有」を生み出す仕事なので、憧れる方も多いと思います。建築設計がどんな仕事か、詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 設計とは?1分でわかる意味、設計図、種類、仕事内容、向き・不向き