建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 面一とは?1分でわかる意味、読み方、類語、建築との関係

面一とは?1分でわかる意味、読み方、類語、建築との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


面一(つらいち)とは、材の表面にズレが無く平らに揃っている状態です。面ゾロ(めんぞろ)ともいいます。つなぎ合わせた床板の表面がずれていると歩きづらいですよね。また、外壁の面が揃っていないと見栄えが悪いです。よって、建築物では壁や床をつくる部材をつなぎ合わせるとき「面一」にします。今回は面一の意味、読み方、類語、建築との関係について説明します。関係用語として陸(ろく)があります。詳細は下記をご覧ください。

陸屋根の読み方は?1分でわかる読み方、勾配、構造との関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

面一とは?建築との関係

面一(つらいち)とは、材の表面にズレが無く平らに揃っている状態です。木造住宅の床板で1枚ごとに継ぎ目が食い違っていると凸凹して問題です。よって、建築物の床板、壁は、基本的に面一に納めます。


下図をみてください。これが面一です。


面一


また、継ぎ目が平に揃っていない状態を「目違い」といいます。下図に目違いを示しました。これでは歩きづらいですよね。


目違い


面一の詳細、類似用語など下記の書籍も参考になります。

超図解でよくわかる建築現場用語 完全版

面一の読み方と類語

面一は「つらいち」と読みます。類語、関係用語の読み方と意味を下記に示します。


面(めん、つら) ⇒ 部材表面のこと

面ゾロ(めんぞろ) ⇒ 面一と同じ意味

目違い(めちがい) ⇒ 材の継ぎ目にずれがあること。面一とは逆の状態

見え掛かり(みえがかり) ⇒ 目に見える建築部材のこと

見え隠れ(みえがくれ) ⇒ 目に見えない建築部材のこと(例えば下地材は見え隠れ)

見付け(みつけ) ⇒ 見え掛かりとなる部材を真正面から見た表面。この長さは「見つけ長さ」などと言う

陸(ろく) ⇒ 平面が水平の状態

不陸(ふろく、ふりく) ⇒ 表面に凹凸のある状態


陸の意味は下記が参考になります。

陸屋根の読み方は?1分でわかる読み方、勾配、構造との関係

まとめ

今回は面一について説明しました。面一(つらいち)とは、繋ぎ合わせた材の表面が平らに揃っている状態です。建築物の床や壁は面一にしないと使用性や見栄えに悪影響を及ぼします。面一は建築業界で良く使う用語です。似たような用語も多いので類似用語も勉強しましょうね。下記も参考になります。

陸屋根の読み方は?1分でわかる読み方、勾配、構造との関係

超図解でよくわかる建築現場用語 完全版

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 面一とは?1分でわかる意味、読み方、類語、建築との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事