1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 吹き抜けとは?1分でわかる意味、読み方、定義、図面、構造部材との関係

吹き抜けとは?1分でわかる意味、読み方、定義、図面、構造部材との関係

吹き抜けは、上階の天井や床を設けず、1階と2階が連続するような空間です。空間に広がりを持たせる効果(開放感)や、採光、通風の点でメリットがあります。今回は吹き抜けの意味、読み方、定義、図面、構造部材との関係について説明します。

吹き抜けとは?

吹き抜けとは、上階(下階)の天井や床を設けず、各階が連続するような空間です。下図をみてください。これが吹き抜けです。

吹き抜け

吹き抜けのメリットの1つに、開放感があります。2階建ての建物で、部分的に吹き抜けにします。床面積が狭くても、吹き抜けを造ることで「広々とした」空間になります。天井の低い部屋より、高い部屋の方が広く感じます。吹き抜けを造ると、1階と2階が連続するので、より広く感じるはずです。

吹き抜けの定義

吹き抜けの定義は、下記です。


天井や床を設けない、下階と上階の連続した空間のこと

吹き抜けの読み方

吹き抜けは、「ふきぬけ」と読みます。

吹き抜けの図面での描き方

吹き抜けは、下図のように描きます。

吹き抜け

「ここには何もない」「床が抜けている」ことを表現します。分かりやすいよう、「吹抜」と書くこともあります。

吹き抜けと構造部材の関係

開放感のある部屋をつくるなら、吹き抜けは効果的です。一方で、構造的には問題があります。吹き抜けにより、床が分断されています。床は人の重さを支えるだけでなく、地震力(水平力)を伝達する役割があります。


床が無い箇所に力が伝わりません。極端な例を示します。吹き抜けのため、床が2つに分かれています。矢印の方向に力が作用しても、左から右へ力は伝わるでしょうか?


極端な例ですが、吹き抜けがあると「伝達できない力」を、残りの床部分でカバーする必要があります。他の床に、より多くの力が作用すると考えてください。


吹き抜けがあると、「力を伝える」という面で問題が多いのです。

まとめ

今回は吹き抜けについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。吹き抜けは、下階と上階で連続した空間です。床面積が小さくても広々とした空間とできます。一方で、構造的な問題も多いので注意すべきでしょう。


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

あなたにおすすめの記事

更新情報

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 吹き抜けとは?1分でわかる意味、読み方、定義、図面、構造部材との関係