1. HOME > > 屋根勾配とは?1分でわかる意味、計算、角度、3寸

屋根勾配とは?1分でわかる意味、計算、角度、3寸

屋根勾配とは、屋根につける傾きのことです。屋根は、室内に雨や雪が入らないよう防ぎます。また、それらが流れる傾きが必要です。屋根材の種類に応じて、最低限必要な屋根勾配は変わります。今回は、屋根勾配の意味、計算と角度、3寸勾配の意味について説明します。


※多雪地域では、落屑屋根という急こう配の屋根を採用することもあります。落屑屋根は、下記の記事が参考になります。

雪下ろしによる積雪荷重は?1分でわかる意味、積雪荷重、屋根勾配

屋根勾配とは?

屋根勾配とは、屋根につける傾きのことです。下図をみてください。これが屋根勾配です。

屋根勾配

屋根は、雨や雪を適切に流す目的があります。雨が流れなければ、屋根の上で溜まり、雨漏りの原因となるからです。雨の重さで、屋根が落ちる可能性もあります。そこで屋根勾配は、所定の勾配を付けます。


屋根勾配は、屋根材の種類で変わります。下記に整理しました。


金属板瓦棒葺 ⇒ 2/10

金属板平葺 ⇒ 2.5/10

アスファルト防水 ⇒ 1/100

日本瓦引掛け桟瓦葺 ⇒ 4/10

繊維強化セメント板葺 ⇒ 3.5/10

アスファルトシングル葺 ⇒ 3/10


アスファルト防水は屋根材では無いですが、コンクリート屋根の防水として使います。


雪が沢山積もる、多雪地域では上記の屋根勾配より急な傾きとします。一般的な傾きでは、雪が落ちないからです。屋根に雪が積もらないよう、急こう配にした屋根を、落雪屋根といいます。※落雪屋根の意味は、下記の記事も参考になります。

雪下ろしによる積雪荷重は?1分でわかる意味、積雪荷重、屋根勾配


また建築基準法では、屋根の角度を60度以上にすることで、構造計算上、屋根に積もる雪荷重を無視することが可能です。

積雪荷重とは?1分で分かる計算方法と地域による違い

屋根勾配、角度の計算

建築図面では、屋根勾配を「1:100」や「3:10」のように書きます。例えば下図の描き方です。

屋根勾配の書き方

3:10の屋根勾配を角度に換算します。角度の計算は、三角関数で勉強しました。アークタンジェントを計算すれば良いです。よって、


θ=Atan(3/10)=0.291


上記はラジアンの値なので、慣れている度数法に直すと、


θ=0.291*180/3.14=16.69度


です。


逆に角度が分かっていて、屋根勾配が「〇:〇」になるか計算するときは、上記と逆の計算をすればよいです。角度が分かっているので、底辺の長さを任意に決めてやれば、高さが分かりますね。

屋根勾配と3寸の意味

下図の勾配を、3寸勾配(さんすんこうばい)といいます。4:10なら4寸勾配です。建築の実務では、角度で呼ぶより「〇寸」ということも多いです。言い方を是非覚えてくださいね。

まとめ

今回は屋根勾配について説明しました。意味が理解頂けたと思います。屋根は、雨や雪を適切に流すため勾配が必要です。屋根の種類によって屋根勾配は変わります。屋根勾配の描き方、角度の計算法など覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

雪下ろしによる積雪荷重は?1分でわかる意味、積雪荷重、屋根勾配

積雪荷重とは?1分で分かる計算方法と地域による違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 屋根勾配とは?1分でわかる意味、計算、角度、3寸