1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 居室とは?1分でわかる意味、読み方、天井高さ、定義と種類、採光
スポンサーリンク

居室とは?1分でわかる意味、読み方、天井高さ、定義と種類、採光

居室は、建築基準法第2条第四号に規定されます。「居住、執務、作業、集会、娯楽など」のために、継続的に使用する室のことです。今回は居室の意味、読み方、天井高さ、定義と種類、採光との関係について説明します。なお、地階となる居室の考え方は、下記の記事が参考になります。

地階とは?1分でわかる定義と1/3、意味、傾斜地、判定方法

居室とは?

居室は、建築基準法第2条第四号に規定されます。建築基準法の定義を下記に示します。


居住、執務、作業、集会、娯楽その他これに類する目的のために継続的に使用する室


です。居室とみなすかどうかは、「継続的に使用すること」がポイントです。居室にならない室を下記に示します。


便所

浴室、洗面所

車庫

階段室

廊下

玄関

機械室

共同住宅のコインランドリー

共同住宅の管理人室

診療所の暗室


便所は居室では無いです。便所は継続的な使用が無く、断続的に使われるからですね。住宅の浴室や洗面所も同様です。お風呂は、1日1回が通常で、多くても2回程度です。


一方で判断に悩む室もあります。例えば、公衆浴場の脱衣室や浴室は「居室」です。居室かわからない場合、確認申請機関などにお問い合わせくださいね。※特定行政庁の意味は下記の記事が参考になります。

特定行政庁とは?1分でわかる意味、東京都、愛知県の一覧、建築主事

居室の読み方

居室は、「きょしつ」と読みます。

居室の種類

居室には下記の種類があります。


居間

食堂

寝室

書斎

応接間

教室

事務室

会議室

病室

調理室


上記の他にも、継続的に使用する室は、居室に該当することが多いです。

居室の天井高さ

居室の天井高さは、2.1m以上とします。これは建築基準法施行令第21条に規定されます。なお、下限値の規定はありますが、上限値の規定は無いです。コンサートホールなどは、天井が高い居室は沢山あります。

居室と採光の関係

居室は、法律で規定する「採光」に必要な開口を設けます。採光とは、光を採り入れることです。光を室内採り入れるためには開口(窓など)が必要です。※開口部の意味は、下記の記事が参考になります。

開口部とは?1分でわかる意味、定義、読み方、建築との関係


なお、採光に必要な面積は、居室の種類に応じて変わります。例えば、学校(幼稚園や小学校、中学校)などは他の居室に比べて大きな開口が必要です。

まとめ

今回は居室について説明しました。居室の意味が理解頂けたと思います。居室は、「継続的に使用する室」のことです。便所や住宅の浴室など、継続的な使用が無い室は、居室に該当しません。ただし、居室に該当するか判断に悩む室も多いです。詳しくは、下記の本や確認申請機関にご確認くださいね。


※地階となる居室の考え方は、下記の記事が参考になります。

地階とは?1分でわかる定義と1/3、意味、傾斜地、判定方法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 居室とは?1分でわかる意味、読み方、天井高さ、定義と種類、採光