1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 間仕切りとは?1分でわかる意味、読み方、建築物、lgsとの関係

間仕切りとは?1分でわかる意味、読み方、建築物、lgsとの関係

間仕切りとは、建築物の内部空間を仕切ることです。間仕切りを行う壁を、間仕切り壁といいます。単に「内壁(ないへき)」ともいいます。今回は間仕切りの意味、読み方、建築物、lgsとの関係について説明します。

間仕切りとは?

間仕切りとは、建築物の内部空間を仕切ることです。下図をみてください。外壁に囲まれただけでは、内部空間を有効に使えません。居間、お風呂、トイレ、倉庫など、用途別に部屋を「区切りたい」はずです。よって建築物に、間仕切りは必ず必要です。

間仕切り

間仕切りを行う壁を、間仕切り壁といいます。間仕切り壁は、内壁(ないへき)ともいいます。間仕切り壁は、内部空間を仕切る目的なので、外壁と違って耐震性を必要としません。間仕切り壁には、後述する「lgs+ボード」が用いられます。


なお、外壁の意味は下記の記事が参考になります。

外壁とは?1分でわかる意味、内壁との違い、読み方、厚み、寸法

間仕切りの読み方

間仕切りは、「まじきり」と読みます。間仕切り壁は「まじきりかべ」です。

間仕切りと建築物の関係

建築物を構成する壁には、外壁と内壁があります。外壁は建物の耐震性や安全性、防犯性など色々な役割があります。一方、間仕切り壁のような内壁は、主に「内部空間を区切る」目的をもちます。


建築物の中に入ると、必ず壁を目にします。例えば、マンションの2LDKではリビングや寝室を隔てる壁があります。これが間仕切り壁です。建築物に間仕切りは無くてはならない存在です。

間仕切りとlgsの関係

間仕切り壁にはlgsを用います。Lgsとはライトゲージスタッドの略です。軽量鉄骨や軽量鉄骨下地といいます。軽い鋼と考えてください。下図をみてください。これがlgsです。Lgsには、溝形などの形状があります。

lgsと間仕切り

間仕切り壁は、内部空間を仕切るための壁です。耐震性や必要以上の強度は不要なので、石膏ボードなどを用います。石膏ボードは遮音性や断熱性がありますが、外壁材に比べると耐力は低いです。


石膏ボードは、建物内部に直接設置できないので下地材としてlgsを使います。Lgsと似た材料に、リップ溝形鋼があります。詳細は、下記の記事も参考になります。

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

鉄骨と鉄筋の違い、重量鉄骨と軽量鉄骨はどちらがおすすめ?

まとめ

今回は間仕切りについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。間仕切りは、内部空間を区切ることです。間仕切りを行う壁を、間仕切り壁といいます。間仕切りの読み方、目的、外壁との違いも理解しましょう。下記の記事も併せて勉強してくださいね。

外壁とは?1分でわかる意味、内壁との違い、読み方、厚み、寸法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 間仕切りとは?1分でわかる意味、読み方、建築物、lgsとの関係