1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 軟弱地盤とは?1分でわかる意味、定義、盛り土、n値、地盤改良との関係

軟弱地盤とは?1分でわかる意味、定義、盛り土、n値、地盤改良との関係

軟弱地盤(なんじゃくじばん)とは、建物が沈下や傾きを起こすような弱い地盤です。また、液状化が起きやすいのも軟弱地盤の特徴です。今回は軟弱地盤の意味、定義、盛り土、n値、地盤改良との関係について説明します。


地盤、盛り土、n値の意味は下記が参考になります。

地盤とは?1分でわかる意味、地盤調査、地盤沈下、n値、軟弱地盤

盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

n値とは?1分でわかる意味、目安、求め方、地盤、n値40や50の地耐力

軟弱地盤とは?

軟弱地盤(なんじゃくじばん)は、建物が沈下や傾きを起こすような弱い地盤です。強度の弱い地盤と考えてください。軟弱地盤の上に、そのまま建物を造ることはできません。杭基礎、地盤改良などの対応が必要です。杭基礎、地盤改良の意味は、下記が参考になります。

杭基礎とは?1分でわかる意味、設計、杭工事の手順、支持層

地盤改良とは?1分でわかる意味、工法の種類、表層改良と柱状改良


また、軟弱地盤は「液状化」を起こす可能性が高いです。液状化が起きる地盤は、直接基礎で対応できないため、杭基礎とします。液状化の意味は、下記が参考になります。

ダイレイタンシーの基礎知識と液状化の関係


下図をみてください。地盤が液状化すると、支持する力が無くなります。そんな地盤の上に基礎を置いても、傾きます。よって、液状化層(軟弱地盤)の下にある、支持層まで杭を打設する方法が一般的です。

不同沈下

軟弱地盤の定義

軟弱地盤の具体的な定義はありませんが、n値が0〜1の地盤や有機物が多量に含まれた土は、軟弱地盤になることが多いです。特に標準貫入試験で「自沈」する地盤は、地盤の強度が全く無く、軟弱地盤に該当します。


n値は、地盤の強さを表す指標で、値が大きいほど強い地盤です。n値の意味は、下記が参考になります。

n値とは?1分でわかる意味、目安、求め方、地盤、n値40や50の地耐力

軟弱地盤と盛り土の関係

盛り土は、軟弱地盤です。盛り土の上に、建物は造れません。盛り土の詳細は、下記が参考になります。

盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

軟弱地盤とn値の関係

n値が小さいほど、軟弱地盤の可能性が高いといえます。n値の意味は、下記が参考になります。

n値とは?1分でわかる意味、目安、求め方、地盤、n値40や50の地耐力

軟弱地盤と地盤改良の関係

軟弱地盤は、地盤改良により改善できます。軟弱地盤にセメント系固化材を混ぜて、強度を高める方法などがあります。軟弱地盤の層厚が短ければ、地盤改良として問題ないです。軟弱地盤の層厚が大きいと、地盤改良するよりも杭基礎とする方が、経済的かもしれません。工法比較を行い、経済性を精査すべきですね。


地盤改良の意味は、下記が参考になります。

地盤改良とは?1分でわかる意味、工法の種類、表層改良と柱状改良

まとめ

今回は軟弱地盤について説明しました。意味が理解頂けたと思います。軟弱地盤は、建物が沈下や傾きを起こす弱い地盤です。軟弱地盤の上に建物は造れません。軟弱地盤とn値の関係、地盤の意味も併せて勉強しましょうね。

n値とは?1分でわかる意味、目安、求め方、地盤、n値40や50の地耐力

地盤とは?1分でわかる意味、地盤調査、地盤沈下、n値、軟弱地盤


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 軟弱地盤とは?1分でわかる意味、定義、盛り土、n値、地盤改良との関係