1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 砂質地盤とは?1分でわかる意味、読み方、粘土地盤との違い、液状化

砂質地盤とは?1分でわかる意味、読み方、粘土地盤との違い、液状化

砂質地盤は、砂質土で構成される地盤です。砂質地盤の耐力は、内部摩擦角が関係します。また、内部摩擦角の値はN値が大きいほど、高くなります。また、砂質地盤は粘土地盤より強いと思われがちですが、実は液状化発生の可能性があります。今回は、砂質地盤の意味、読み方、粘土地盤との違い、液状化との関係について説明します。砂質土、地盤の意味は、下記の記事が参考になります。

砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係

地盤とは?1分でわかる意味、地盤調査、地盤沈下、n値、軟弱地盤、支持層

砂質地盤とは?

砂質地盤とは、砂質土で構成される地盤です。砂質土とは、比較的粒の大きい土です。工学的な砂質土の意味は下記の記事が参考になります。

砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係


地盤の意味は下記が参考になります。

地盤とは?1分でわかる意味、地盤調査、地盤沈下、n値、軟弱地盤、支持層


砂質土は、土粒子同士の摩擦抵抗などで、色々な荷重に抵抗します。摩擦による抵抗力の度合いを内部摩擦角といいます。内部摩擦角は、N値が大きいほど大きいです。


なお、砂質土より粒径の大きなものを、礫といいます。礫で構成される地盤を礫質地盤といいます。礫は強固ですが、粒径が大きすぎると、地中工事の障害になることも多いです。

砂質地盤の読み方

砂質地盤は、「さしつじばん」と読みます。砂質土は「さしつど」です。

砂質地盤と粘土地盤の違い

砂質地盤と粘土地盤の違いを下記に整理しました。


砂質地盤 ⇒ 砂質土で構成される地盤

粘土地盤 ⇒ 粘性土で構成される地盤


砂質土とは、粗粒分を50%以上含み、かつ粒径が2mm以下の土をいいます。粘性土は、粗粒分が50%以下の土をいいます。砂質土と粘性土の意味は、下記の記事が参考になります。

砂質土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、内部摩擦角、n値との関係

粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角

砂質地盤と液状化の関係

砂質地盤は液状化の可能性が高いです。特に、地下水位が浅い場合は要注意です。地下水位が浅いと、砂質土は水を含んでいます。液状化が起きやすい条件として


・飽和砂質土であること

・細粒分含有率35%以下の土

・N値が低い地盤


が挙げられます。※細粒分含有率が低いと、「土粒子同士の間隙」が多い、スカスカの土になります。


なんとなく、粘土地盤より砂質地盤のほうが強そうに感じます。実際は、違います。むしろ、粘土地盤は液状化が起きにくいです。

まとめ

今回は砂質地盤について説明しました。意味が理解頂けたと思います。砂質地盤は、砂質土で構成される地盤です。液状化は、飽和砂質地盤、N値が低い、細粒分含有率35%以下の土などで起きます。砂質地盤より粘土地盤のほうが弱そうですが、実際は違うと覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

ダイレイタンシーの基礎知識と液状化の関係

粘性土とは?1分でわかる意味、読み方、特徴、液状化、内部摩擦角

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 砂質地盤とは?1分でわかる意味、読み方、粘土地盤との違い、液状化