1. HOME > 鋼構造の基礎 > 充腹形とは?1分でわかる意味、非充腹形、鉄骨との関係、充腹でない軸

充腹形とは?1分でわかる意味、非充腹形、鉄骨との関係、充腹でない軸

充腹形とは、ウェブに孔や開口が無く、満たされている鉄骨のことです。逆に、ウェブが満たされていない形を、非充腹形といいます。今回は、充腹形の意味、鉄骨の種類、充腹でない軸の意味について説明します。また、ウェブについては下記の記事が参考になります。

ウェブとフランジとは?1分でわかる役割、違い、覚え方

充腹形とは?

充腹形とは、ウェブに孔や開口が無い鉄骨です。「充」とは「みちる、中身がいっぱいある」という意味です。「腹」は、鉄骨造で「ウェブ」のことです。よって充腹形は、「中身がいっぱいあるウェブ」ですね。


下図をみてください。例えばH形鋼は充腹形の鉄骨です。

H形鋼と充腹形

左図は、H形鋼の断面です。右図はH形鋼を横から見た図です。横からみると、ウェブに開口が無く、鋼で満たされていますね。


充腹形は英語で「フルウェブ」ともいいます。構造設計者の中には、「フルウェブ」という方も多いです。


※H形鋼については下記の記事が参考になります。

H鋼とは何か?

充腹形と非充腹形の違い

充腹形と非充腹形の違いを下記に示します。


非充腹形は、ウェブが満たされない鉄骨です。下図をみてください。組み立て材は、複数部材を組み立て1つの部材とするので、横から見たときウェブが満たされていません。

非充腹形

例えばトラス梁は、非充腹形です。

鉄骨と充腹形、非充腹形の種類

鉄骨の充腹形と非充腹形の種類を下記に示します。

充腹形

・H形鋼

・上記の他、単一材として使うウェブが満たされた鉄骨


H形鋼はウェブが満たされています。その他、アングル材でも単一材として使うのなら、ウェブが満たされているので充腹形です。チャンネル材も充腹形ですね。

非充腹形

・ラチス材

・格子材

・トラス材


非充腹形は、ラチス材や格子材のようにアングル材や鋼板を組み立てて1つの部材とするものです。下図にラチス材と格子材を示します。

ラチス材と格子材

充腹でない軸とは?

充腹でない軸と、充腹軸の違いを下記に示します。


下図に充腹軸と、充腹でない軸を示しました。

充腹軸と充腹でない軸

※強軸と弱軸については下記の記事が参考になります。

強軸ってなに?1分でわかる強軸と弱軸の違い、それぞれの特徴

充腹形と非充腹形の読み方

読み方は下記です。

まとめ

今回は充腹形について説明しました。充腹形、非充腹形の意味が理解頂けたと思います。一級建築士試験でも、充腹形の意味、充腹でない軸に関する問題が出題されました。間違えやすいので、しっかりと理解しておきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 充腹形とは?1分でわかる意味、非充腹形、鉄骨との関係、充腹でない軸