1. HOME > 構造計算の基礎 > 強軸ってなに?1分でわかる強軸と弱軸の違い、それぞれの特徴

強軸ってなに?1分でわかる強軸と弱軸の違い、それぞれの特徴

強軸の意味をご存知でしょうか。建築業界では、日々の業務で当たり前に「強軸」という言葉を使います。また似た用語で「弱軸」も耳にしますね。今回は、そんな強軸と弱軸の違い、それぞれの特徴について説明します。

強軸ってなに?

強軸とは、部材の方向性を表す言葉です。名前のとおり、「強い軸」が強軸の意味です。下図を見てください。これは、H形鋼という鋼材です。※H形鋼に関しては下記の記事が参考になります。

H鋼とは何か?

ご覧のとおり、H形鋼はHの形をしているため、方向によって部材の強さが違います。上図のH形鋼の場合、X軸回りが強軸です。X軸中心にH形鋼を曲げることをイメージしてください。何となく強そうに思いませんか?


逆にY軸を中心にH形鋼を曲げるのは簡単そうです。X軸回り、Y軸回りの断面性能を比較したとき、断面性能が大きな方向が強軸です。

弱軸ってなに?

弱軸は、必然的に強軸と直交方向になります。もし、X軸周りが強軸ならY軸周りが弱軸となります。逆もしかりです。


柱や梁は、強軸方向で荷重を受けるよう部材配置を行います。しかし、どうしても弱軸回りに荷重が作用することもあるのです(例えば風圧力など)。特にH形鋼は弱軸方向に対して、極端に弱いので注意が必要です。

 

強軸と弱軸の違い

前述したように、強軸と弱軸は方向性のある部材に対して、断面性能が大きい方向(強軸)、小さい方向(弱軸)を意味する言葉でした。よって両者の違いは、言葉の意味そのままだと思えば問題ありません。


一般的にX軸周りが強軸、Y軸周りが弱軸とすることが多いです。しかし、特に決められているわけでは無いので実情に応じて判断したいですね。例えばアングルは、左右非対称の断面なので、単にX軸、Y軸が強軸、弱軸ではありません。


※アングル材の強軸、弱軸は、アングル材の規格に詳細に明記されています。下記の記事が参考になります。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

まとめ

今回は、強軸と弱軸の違いと特徴について説明しました。強軸と弱軸は、部材断面に方向性があるとき用いる言葉でしたね。H形鋼の強軸と弱軸、アングルの強軸、弱軸など、部材の形状によって方向が異なるので注意しましょう。


H形鋼、アングル材など各鋼材の規格に関しては、下記の記事が参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 強軸ってなに?1分でわかる強軸と弱軸の違い、それぞれの特徴