1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼構造物とは?1分でわかる意味、読み方、設計、建物の例

鋼構造物とは?1分でわかる意味、読み方、設計、建物の例

鋼構造物とは、部材に鋼を使った構造物です。実務では、鉄骨構造物(鉄骨構造)といいます。また、単に「鋼構造」でも意味は通じます。鋼は軽量で、強度、剛性が高い材料です。その特徴を活かし、比較的長いスパンに対応できます。今回は、鋼構造物の意味、読み方、設計法、建物の例について説明します。※当HPでは、鋼構造物に関する用語、設計法を多数紹介しています。下記の記事が参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係

鋼構造物とは?

鋼構造物とは、鋼による構造物です。単に「鋼構造」ともいいます。また、実務では「鉄骨構造」という言い方も根強いです。実際には、使う材料は「鋼」なので、「鉄」とは違います。※鋼の詳細は、下記の記事が参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係

鋼構造物の読み方

鋼構造物は、「こうこうぞうぶつ」と読みます。

鋼構造物の設計

鋼構造物の設計は、


・許容応力度計算

・保有水平耐力計算

を行います。許容応力度計算、保有水平耐力計算は、下記の記事が参考になります。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

保有水平耐力とは何か?


鋼構造物の設計では、必ず建築学会の鋼構造設計規準を参考にします。下記の書籍です。

鋼構造設計規準―許容応力度設計法


また、鋼構造物は座屈に注意します。座屈とは、細長い部材に生じる崩壊現象です。※座屈の意味は、下記の記事が参考になります。

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類


下記の書籍も参考になります。

鋼構造座屈設計指針

鋼構造物の建物の例

鋼構造物の建物の例には、事務所ビル、倉庫、軽微な平屋などがあります。色々な建物に利用されますが、分譲マンションを鋼構造物にすることは無いです。


分譲マンションは、賃貸マンションとは違い、室内空間に振動や音の問題が無いよう配慮します。そのため、鉄筋コンクリート造とし、スラブ厚や壁厚を大きくします。


鋼構造物は、比較的、音を伝えやすい構造なので、分譲マンションには採用しません。


音の問題が多少無視できる施設(事務所ビル、倉庫など)には、鋼構造物が積極的に採用されます。特に、大スパン架構とする倉庫は、ほとんどが鋼構造物です。鋼は軽量で、強度、剛性が高いからです。

まとめ

今回は鋼構造物について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鋼構造物は、鋼を使った構造物です。軽量かつ強度、剛性が高いので、比較的長いスパンに対応できます。事務所ビルや倉庫など、色々な建物に採用されます。鋼構造物の建物の例を理解してください。鋼構造物の設計法を覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼構造物とは?1分でわかる意味、読み方、設計、建物の例