1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材の丸棒とは?1分でわかる意味、サイズ(寸法)、規格、重量
スポンサーリンク

鋼材の丸棒とは?1分でわかる意味、サイズ(寸法)、規格、重量

鋼材の丸棒とは、断面が円形で細長い鋼材です。丸鋼ともいいます。なお、鉄筋で使う丸鋼の材質は、SR235やSR295があります。鉄筋として用いない場合、丸棒の材質はss400などがあります。今回は、鋼材の丸棒の意味、サイズ(寸法)、規格、重量について説明します。丸鋼の意味、特徴は下記が参考になります。

丸鋼とは?1分でわかる意味、規格、サイズ、読み方、重量、材質

鋼材の丸棒とは?

鋼材の丸棒は、断面が円形で細長い鋼材です。下図をみてください。これが丸棒です。

丸棒

丸鋼ともいいます。ただし、「丸鋼」は鉄筋で使う鋼材の意味合いが強いです。丸鋼の意味は、下記が参考になります。

丸鋼とは?1分でわかる意味、規格、サイズ、読み方、重量、材質


鉄筋として使う丸鋼の材質には、下記があります。


SR235

SR295


鋼材の丸棒は、鉄筋以外にも利用可能です。その場合、材質をSS400などにします。下図をみてください。鋼材には、中が空洞の断面があります。これを中空断面と言います。中空断面は、断面に対して薄い板で構成されています。一方、中が詰まった断面を中実断面(ちゅうじつだんめん)といいます。

中空断面と中実断面

鋼材の丸棒は、中実断面の1つです。中空断面、中実断面の意味は、下記が参考になります。

中空断面とは?1分でわかる意味、断面係数、断面二次モーメント、面積

中実材とは?1分でわかる意味、読み方、断面二次モーメント、中空材

鋼材の丸棒のサイズ(寸法)

鋼材の丸棒のサイズを下記に示します。


4mm

5mm

6mm

7mm

8mm

9mm

12mm

13mm

16mm

19mm

22mm

25mm

28mm

32mm


4〜9mmまでは順に径が増えます。その後は、断面の大きさがランダムになります。覚え方に注意してください。なお、22mmや25mmという一見、中途半端な径を使う理由は、下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

鋼材の丸棒と規格と重量

鋼材の丸棒の重量を下記に示します。


φ4 ⇒ 0.099kg/m

φ5 ⇒ 0.154

φ6 ⇒ 0.222

φ7 ⇒ 0.302

φ8 ⇒ 0.395

φ9 ⇒ 0.499

φ12 ⇒ 0.888

φ13 ⇒ 1.04

φ16 ⇒ 1.58

φ19 ⇒ 2.23

φ22 ⇒ 2.98

φ25 ⇒ 3.85

φ28 ⇒ 4.83

φ32 ⇒ 6.31


丸棒の断面積を下記に示します。


φ4 ⇒ 13mu

φ5 ⇒ 20

φ6 ⇒ 28

φ7 ⇒ 38

φ8 ⇒ 50

φ9 ⇒ 64

φ12 ⇒ 113

φ13 ⇒ 133

φ16 ⇒ 201

φ19 ⇒ 284

φ22 ⇒ 380

φ25 ⇒ 491

φ28 ⇒ 616

φ32 ⇒ 804

まとめ

今回は、鋼材の丸棒について説明しました。意味が理解頂けたと思います。丸鋼ともいいます。ただし、鉄筋に丸鋼を使う場合と、柱などに丸鋼を使う場合では、材質が違います。鉄筋に使う丸鋼の材質を覚えましょう。下記の記事も併せて勉強しましょうね。

丸鋼とは?1分でわかる意味、規格、サイズ、読み方、重量、材質

中実材とは?1分でわかる意味、読み方、断面二次モーメント、中空材


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鋼材の丸棒とは?1分でわかる意味、サイズ(寸法)、規格、重量