1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss490とは?1分でわかる規格、sm490との違い、溶接性、降伏点、ss400との違い

ss490とは?1分でわかる規格、sm490との違い、溶接性、降伏点、ss400との違い

ss490は、鋼材の材質の1つです。ss材は一般構造用圧延鋼材といい、建築分野以外でも使う材料です。ss490はss400に比べて引張強度、降伏点共に高いので、応力が大きな部材に使います。ss400については下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー


ss材、sn材、sm材の違いは、下記が参考になります。

SS,SN,SM材


今回は、ss490の規格、sm490との違い、溶接性、降伏点、ss400との違いについて説明します。

ss490の規格

ss490は、ss400に比べて引張強度、降伏点が大きな材料です。降伏点、化学成分などの規格を下記に示します。

降伏点、引張強度

ss490の降伏点、引張強度はJISG3101に規格が明記あります。

ss490の規格

ss490の降伏点


ss490は、ss400と同じく一般構造用圧延鋼材です。上表に示す通り、引張強さ、降伏点が大きいです。降伏比などの規定もありません。※降伏比は下記が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

化学成分

ss490の化学成分は、JISG3101に明記あります。

ss490の化学成分

ss490の溶接性

ss490は溶接性の悪い材料です。よって、溶接が必要な部材、接合部には使いません。小梁や添板(スプライスプレート)に用います。※溶接性は悪いですが、溶接不可では無いです。


添板については下記が参考になります。

添え板とは?1分でわかる意味、厚み、材質、記号、ガセットプレートとの違い

ss490とsm490の違い

ss490とsm490の違いを下記に整理しました。


上記より、sm490は溶接性の良い材料です。よって、溶接が必要な剛接合部や、溶接するプレートなどに使います。また、降伏点がss490と違うので注意が必要です。

ss490とss400の違い

ss490とss400の違いを下記に整理しました。

ss490とは?

ss490とは、一般構造用圧延鋼材の1つです。一般構造用圧延鋼材を意味する、ssという用語と意味を覚えてくださいね。下記が参考になります。

SS,SN,SM材


また、数字の490が引張強度を意味します。※ss490はJISG3101に規格されています。


私はss490を使った経験は無いです。引張強度や降伏点が高いですが、溶接性が悪いので使いにくい材料です。但し継手の添板を母材と同材質にするとき、ss490とすることもあります(母材が490級鋼のとき)。

まとめ

今回はss490について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ss490は引張強度、降伏点共にss400より高い材料です。但し、溶接性が悪いことを覚えてください。小梁など溶接不要の部材、添板などに使います。※ss400についても理解しましょう。下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss490とは?1分でわかる規格、sm490との違い、溶接性、降伏点、ss400との違い