1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーの関係

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーの関係

ss400は、一般構造用圧延鋼材といいます。ss400は構造物に用いる一般構造向けの鋼材です。よって用途は建築に関わらず、船舶や土木(橋梁)、自動車など多岐に渡ります。今回は、ss400の意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーとの関係について説明します。


※溝形鋼やアングル材の材質はss400で決まっています。下記の記事が参考になります。

溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

ss400の規格、成分、密度

ss400の建築分野でも、ごく一般的に利用する鋼材です。機械的性質、化学成分、などそれぞれ説明します。

機械的性質

SS400はJISG3101に規定されています。機械的性質は下図表の通りです。

ss400の機械的性質

なお、降伏強度は16mm以下の場合245N/muですが、建築の実務では235を用います。また厚みが40mmを超えると、215が降伏点となります。下記に整理しました。


板厚が大きくなるほど、降伏強度は小さくなることを覚えてください。一級建築士の試験でも頻出する箇所です。

化学成分

ss400の化学成分は下表の通りです。

ss400化学成分

SN材(建築構造用圧延鋼材)に比べて、化学成分の規定が少ないことが特徴です。よってss400は、柱や大梁などの一次部材へ利用されにくいと言えます。

密度

ss400の密度は、

です。鉄筋コンクリートの密度が24 kN/?なので、鋼の方が重い材料です。

フラットバー(ss400)の厚みと幅

フラットバーとは、平(たいら)な板のことです。平鋼ともいいます。フラットバーでは、ss400を使うことが多いため厚みと幅を紹介します。

フラットバー(ss400)の厚みと幅

なお、各鋼材メーカーにより板厚と板幅のバリエーションが違います。例えば、あるメーカーでは3.0mmや4.5mmなど薄い板厚を製作できるのに、もう一方のメーカーでは16mm以上から対応というケースもあるのです。


上表の板厚と板幅は、あくまでも参考なので各メーカーが製作可能な板厚と板幅を調べてみましょう。

スポンサーリンク
 

ss400の意味

ss400は一般構造用圧延鋼材といいます。「SS」は、Structural Steelの頭文字です。「400」は、引張強度の下限値を表します。これは他の鋼材でも共通で、例えばSN490では「490」が引張強度の下限値です。※SN材については下記の記事が参考になります。

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

「一般構造用」なので、特に用途は限定されません。建築以外の工業製品にもss400が利用されます。

ss400の使用箇所

建築分野におけるss400の使用箇所は下記です。


ss400は溶接性が悪い鋼材です。また、降伏比の規定がないため、柱や大梁のように鋼材の塑性を考慮した設計に向いていません。※降伏比は下記の記事が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?


よって溶接を行わず、長期応力のみ負担すれば良い「二次部材」に使います。※二次部材については下記の記事が参考になります。

二次部材の設計


また、溶接をしない接合プレートや金具にも良く使います。但し、ss400を「溶接してはいけない」という規定はないので、現実は溶接部材にss400を使う方もいます。


H形鋼やフラットバーなどは様々な材質に対応できますが、下記の鋼材はss400のみ対応可能です。


上記の部材は、仕上げの下地や二次部材に良く使います。


※チャンネル材は下記の記事が参考になります。


溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能


※アングル材は下記の記事が参考になります。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

まとめ

今回は、ss400について説明しました。ss400の意味や規格が理解頂けたと思います。ss400は建築分野でも良く使う材料です。「どの部材で使うのか」「どういった特徴があるのか」など理解したいですね。


※鋼材の材質に関しては、下記の記事も参考になります。

SD295Aの規格が丸わかり!SD295Aの規格、機械的性質、化学成分

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーの関係