1. HOME > 構造計算の基礎 > 捨て型枠とは?1分でわかる意味、種類、スラブ、基礎との関係、デッキプレートとラス型枠

捨て型枠とは?1分でわかる意味、種類、スラブ、基礎との関係、デッキプレートとラス型枠

捨て型枠とは、フラットデッキやラス型枠のように、型枠として使用後、使い回しができない(存置したまま)ものです。一般的な型枠は、コンクリート硬化後に解体します。捨て型枠は、解体しません。今回は捨て型枠の意味、種類、スラブや基礎との関係、デッキプレートとラス型枠について説明します。


なお、建築の「捨て」の意味は、下記の記事が参考になります。

建築の捨てとは?1分でわかる意味、読み方、捨て型枠、捨てコンクリート


フラットデッキは、下記の記事が参考になります。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

捨て型枠とは?

捨て型枠は、型枠として使用後、解体しないものをいいます。一般的な型枠は木合板で、コンクリート硬化後に解体します。解体された型枠は、他現場で転用されます。


捨て型枠は、解体を行わないので、使ったら一度きりです。主にスラブや基礎の型枠として使います。捨て型枠の1つに、フラットデッキがあります。フラットデッキの意味は、下記の記事が参考になります。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

捨て型枠の種類

主に使う、捨て型枠の種類を下記に整理しました。


フラットデッキ

ラス型枠


上記の捨て型枠を一般的に使います。

捨て型枠とスラブ、基礎とフラットデッキとラス型枠との関係

在来工法でスラブをつくるとき、スラブを受ける木型枠と支保工が必要でした。支保工とは、型枠とスラブの重さを支える柱などの仮設構造物です。


支保工があると、現場の作業員が動きにくいですし、解体も大変です。当然、支保工分のコスト、工期もかかります。


そこで「フラットデッキ」という捨て型枠を使うことが増えました。フラットデッキは鋼製の捨て型枠です。梁と梁の間にかけ、その間は支保工などが不要です。


フラットデッキは比較的強度や剛性が高いので、長いスパン掛けることが可能です。許容スパンは4.0m未満程度なので、このスパンを満足するように、小梁を入れます。


支保工の組立、解体、型枠の解体が無い分、工期短縮が望めます。鉄骨造、鉄筋コンクリート造のどちらでも使います。


基礎や基礎梁では、捨て型枠として「ラス型枠」を使います。ラス型枠とは、鋼製の網(メッシュ)を型枠にしたものです。フラットデッキと同様で、型枠は解体しません。コンクリートが硬化した後も、型枠は存置したままです。


ただし、コンクリート表面に金網が現れるので、外壁には使えません。地中部に埋まる、基礎や基礎梁にのみ使います。

まとめ

今回は捨て型枠について説明しました。意味が理解頂けたと思います。捨て型枠は、使用後、解体しない型枠です。コンクリート硬化後も躯体と一緒に存置します。特に、フラットデッキは工期短縮の目的で、よく使います。フラットデッキの標準的な許容スパンなど覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

建築の捨てとは?1分でわかる意味、読み方、捨て型枠、捨てコンクリート


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 捨て型枠とは?1分でわかる意味、種類、スラブ、基礎との関係、デッキプレートとラス型枠