1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築の捨てとは?1分でわかる意味、読み方、捨て型枠、捨てコンクリート
スポンサーリンク

建築の捨てとは?1分でわかる意味、読み方、捨て型枠、捨てコンクリート

建築業界には、「捨て」という用語があります。例えば、捨て型枠や捨てコンクリートなどです。捨ては、使用後、使い回し(リユース)ができないことです。施工上、必要な部材に対して、「捨て」を使います。今回は捨ての意味、読み方、捨て型枠、捨てコンクリートについて説明します。※捨てコンクリート、フラットデッキ(捨て型枠)の意味は、下記の記事が参考になります。

捨てコンクリートの基礎知識と、役割

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

建築の捨てとは?

建築業界には「捨て」という用語があります。捨てには、使用後、使い回しができない材料につけます。また施工上、必要な部材に対して付けます。例えば、捨て型枠があります。普通、型枠は合板を使います。型枠を組み立て、コンクリートを打設し、硬化後、型枠を取り外します。


取り外した型枠は、他の現場で使うことが可能です。一方、捨て型枠は床スラブの型枠として使います。鋼製の型枠で梁間に掛け、スラブを受けます。但し、捨て型枠はスラブ硬化後、取り外すことはできません。


「捨てることになる型枠」だから、「捨て型枠」といえますね。なお、捨て型枠はフラットデッキともいいます。※フラットデッキの意味は、下記の記事が参考になります。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

捨ての読み方

捨ては、「すて」と読みます。関係用語の読み方を下記に整理しました。


捨てコンクリート ⇒ すてこんくりーと

捨て型枠 ⇒ すてかたわく

捨てコンクリート

捨てコンクリートは、砕石の上に敷く無筋コンクリートです。捨てコンクリート自体、構造耐力に全く影響無いです。しかし、捨てコンクリートは、墨出しや作業性の向上に必要です。


普通、コンクリートは構造部材として使います。一方、捨てコンクリートは構造部材でもなく、最終的には建物の下に埋まるので、「捨ててしまうコンクリート」ともいえます。


※捨てコンクリートは、下記の記事が参考になります。

捨てコンクリートの基礎知識と、役割

捨て型枠

捨て型枠は、床スラブを受けるための型枠です。捨て型枠は鋼製で、梁間に掛けることで支保工を不要とします。施工性の向上、工期短縮のため、スラブを用いる建物でよく使います。前述したように、捨て型枠は、スラブが硬化した後、取り外しできません。


※捨て型枠は、フラットデッキともいいます。フラットデッキの意味は、下記の記事が参考になります。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

まとめ

今回は捨てについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築業界では、「捨て」という用語を使います。捨て型枠、捨てコンクリートが代表的なことばです。捨ての意味、使い方を覚えましょう。※捨て型枠は、フラットデッキともいいます。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築の捨てとは?1分でわかる意味、読み方、捨て型枠、捨てコンクリート