1. HOME > 構造計算の基礎 > Alcの厚みは?1分でわかる板厚、規格、屋根と外壁の厚み、重さ

Alcの厚みは?1分でわかる板厚、規格、屋根と外壁の厚み、重さ

Alcの厚みは、各メーカーの規格で決まっています。また外壁と屋根の違いで、alcの厚みが変わります。外壁として使うalc版は、一般的に100mmです。階高が許容スパンを超えていれば、厚みを大きくします。今回はalcの厚み(板厚)と規格、屋根と外壁の厚み、alcの重さについて説明します。※alcの重さは、下記の記事が参考になります。

alcの重量は?1分でわかる意味、平米重量、厚みによる違い、デザインパネルの重量

Alcの厚みは?

Alcの厚みは、各alcメーカーの規格により規定されます。一般的には、


100

125

150


の厚みを使います。この厚みから外れた規格のalcは少ないです。Alcの厚みを変えると、


・重量

・許容スパン

が変わります。例えば、alcを外壁に使うと、alcに風圧力が作用します。この風圧力に対して許容できるスパンが、板厚に応じて決まっています。Alcは、建物の高さにかけて張るので、階高が大きいと許容スパンを超える可能性があります。


階高が許容スパンを超える場合、alc版を受ける梁を中間に入れるか、alc版の厚みを大きくします。※alc版については、下記の記事が参考になります。

ALC床とは?1分でわかる意味、欠点、荷重、厚さ


屋根材や床材として使うときも同じです。許容スパン以内に、梁を入れて受けます。

alc屋根と外壁の厚みと規格

alc版は屋根に使う板と、外壁に使う板で、厚みの規格が変わります。下記に整理しました(メーカーで仕様が変わります)。

外壁(平タイプ)

t=100、許容スパン=3500

t=125、許容スパン=4370

t=150、許容スパン=5250


なお、デザインパネルは平タイプ(一般的なalc版)に比べて、許容スパンが短くなります。デザインパネルの方が、荷重が大きいことが影響しています。

屋根(平タイプ)

t=75、許容スパン=2000

t=100、許容スパン=3000

t=125、許容スパン=3500

t=150、許容スパン=4200


外壁のalcに比べて、75mmという規格が増えています。

Alcの重さ

Alcの単位体積重量は、600kg/m3です。メーカーによると、構造設計用の値として、650kg/m3を採用します。Alc版の平米重量は、下式で計算します。


alc版の平米重量は、alc版の板厚に応じて変わります。詳細は、下記の記事が参考になります。

alcの重量は?1分でわかる意味、平米重量、厚みによる違い、デザインパネルの重量

まとめ

今回はalcの厚みについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。Alcは各メーカーにより厚みが規定されます。外壁の一般的な厚みは100mmです。また、外壁と屋根で、厚みの規格が違うことを覚えてください。また、一般的な平パネルと、デザインパネルでは、板厚の規格が変わります。alc版については、下記の記事が参考になります。

ALC床とは?1分でわかる意味、欠点、荷重、厚さ


alcの重量は、下記の記事が参考になります。

alcの重量は?1分でわかる意味、平米重量、厚みによる違い、デザインパネルの重量

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > Alcの厚みは?1分でわかる板厚、規格、屋根と外壁の厚み、重さ