1. HOME > 構造計算の基礎 > alcの重量は?1分でわかる意味、平米重量、厚みによる違い、デザインパネルの重量

alcの重量は?1分でわかる意味、平米重量、厚みによる違い、デザインパネルの重量

alcは軽量気泡コンクリートのことです。普通、コンクリートは重い材料ですが、alcは空気を多量に含んでおり、コンクリートの3割程度の重量です。今回は、alcの重量とalcの意味、alcの平米重量、厚みによる違い、デザインパネルの重量について説明します。※alcは屋根材や外壁に使います。下記の記事が参考になります。

ALC床とは?1分でわかる意味、欠点、荷重、厚さ

ALC外壁とは?1分でわかる構造、欠点、メーカー、各材料との違い

alcの重量は?

Alcの重量は下記です。


実際の値 600kg/m3

構造計算で用いる値 650kg/m3


上記は、alcメーカーが公表する値ですが、実際の構造計算では取り付け金具などを考慮し、割増した値を使います(後述します)。

alcの平米重量

Alcの板厚は一般的に100mmを使います。前述した単位体積重量に、厚みをかければ、alcの平米重量が算定できます。


実際の構造計算では、取り付け金具などを考慮し、下記の値とします。

デザインパネルの重量

デザインパネルとは、alcの表面に凹凸などを入れ、見た目(デザイン)をかえたalcパネルです。普通のalcパネルは表面に凹凸がありません。デザインパネルは凹凸があるので、その分、重量が増えます。


デザインパネルは、普通のalcパネルよりデザイン性に優れています。意匠設計者が使用するときは、一般的なalc重量を割増すよう注意してください。


デザインパネルがどの程度重いかは、各メーカーへ聞きましょう。あるいは、凹凸の深さやピッチが分かれば、厚みtに対して、どの程度、板厚が大きくなるか、わかりますね。

厚みによる重量の違い

Alcの単位体積重量は650kg/m3でした。よって、alcの厚みに応じて平米重量は下記の値となります。


100 ⇒ 650×0.1=65kg/u

125 ⇒ 650×0.125=81.3kg/u

150 ⇒ 650×0.15=97.5kg/u


構造計算で使う値は、取り付け金具を考慮して、さらに割増してもいいですね。Alcについては、下記の記事が参考になります。

ALC床とは?1分でわかる意味、欠点、荷重、厚さ

まとめ

今回はalcの重量について説明しました。意味が理解頂けたと思います。Alcはコンクリートに比べて軽い材料です。外壁や屋根材として使います。alcの重量は650kg/m3程度と覚えてください。ただ、実際は600程度で、構造計算でalcの荷重を考慮するときは、1000程度見込みます。Alcの詳細は、下記の記事が参考になります。

ALC床とは?1分でわかる意味、欠点、荷重、厚さ

ALC外壁とは?1分でわかる構造、欠点、メーカー、各材料との違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > alcの重量は?1分でわかる意味、平米重量、厚みによる違い、デザインパネルの重量