1. HOME > 構造計算の基礎 > 外法一定h形鋼とは?1分でわかる意味、規格、JIS-H形鋼との違い

外法一定h形鋼とは?1分でわかる意味、規格、JIS-H形鋼との違い

外法一定h形鋼は、外法が一定のh形鋼です。外法とは、h形鋼の上端から下端の寸法をいいます。外法一定h形鋼は、JIS-H鋼に比べて断面性能が大きいため、大スパンの梁や荷重が大きい床梁として使います。今回は、外法一定h形鋼の意味、特徴、規格、JIS-H形鋼との違いについて説明します。

外法一定h形鋼とは?

外法一定h形鋼は、外法が一定のh形鋼です。下図をみてください。外法とは、形鋼の上端から下端までの寸法です。同シリーズのh形鋼で外法が一定なので、外法一定h形鋼といいます。

外法一定h形鋼


一般的なH形鋼は、JIS-H形鋼です。単に「H形鋼」といえば、JIS-H形鋼を指します。JIS-H形鋼(JIS規格に規定されるH形鋼)は内法が一定です。

外法一定と内法一定の違い

外法一定h形鋼の特徴

前述したように、外法一定h形鋼は外法が一定です。外法一定h形鋼は、下記のメリットがあります。


JIS−H形鋼の場合、断面が足らなくなるとワンサイズアップするため、梁せいが大きくなります。一方、外法h形鋼は外法が一定なので、梁せいを変えずに断面性能をアップできます。


設計途中は梁せいを変更できないことが多いので、外法一定h形鋼はとても便利です。

スポンサーリンク
 

外法一定h形鋼の規格

外法一定h形鋼は、各梁せいに応じて様々なフランジおよびウェブ厚があります。規格を下記に示しました。


H形鋼は普通、下記の順番で梁せい〜板厚まで書きます。


Hは梁せい、Bは梁幅、t1はウェブ厚、t2はフランジ厚です。それぞれ下記の数値です。


・H=400〜1000mm(50mm刻み)

・B=200〜300 mm(50mm刻み)

・t1=9〜16 mm

・t2=12〜32 mm


例えば、

の外法一定h形鋼があります。


ちなみに外法一定h形鋼は、JFEと新日鉄住金が商品をそれぞれ出しています。スーパーハイスレンドHがJFE、ハイパービームが新日鉄住金です。

外法一定h形鋼とJIS-H形鋼の違い

前述したように、外法一定h形鋼とJIS-H形鋼では下記の違いがあります。


下記は、JIS-H形鋼の900×300シリーズの梁です。梁せいからフランジ厚を引いて、内法を計算します。

・H-890x299x15x23 ⇒890−23×2=844

・H-900x300x16x28 ⇒900−28×2=844

・H-912x302x18x34 ⇒912−34×2=844

・H-918x303x19x37 ⇒918−37×2=844


上記のように、JIS-H形鋼では内法寸法が一定です。

まとめ

今回は外法一定h形鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。外法一定h形鋼の特徴や、JIS-H形鋼が内法寸法一定ということも併せて覚えておきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 外法一定h形鋼とは?1分でわかる意味、規格、JIS-H形鋼との違い