1. HOME > 鋼構造の基礎 > h形鋼の広幅、中幅、細幅とは?1分でわかる違い、特徴、使い方

h形鋼の広幅、中幅、細幅とは?1分でわかる違い、特徴、使い方

h形鋼の広幅、中幅、細幅とは、h形鋼の種類です。h形鋼は、梁幅に応じて種類が変わります。今回は、h形鋼の広幅、中幅、細幅の意味、違い、特徴、使い方について説明します。※h形鋼については下記が参考になります。

H鋼とは何か?


h形鋼のように、形が決まった鋼材を「形鋼」といいます。形鋼の意味は、下記が参考になります。

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途

h形鋼の広幅、中幅、細幅とは?

h形鋼の広幅、中幅、細幅は、h形鋼の種類の1つです。h形鋼は、梁幅に応じて種類が変わります。


広幅<中幅<細幅に応じて、断面性能が小さくなります。幅が広くなる分、断面性能がアップするのは、イメージできますよね。ただし、重量も大きくなるので注意が必要です。


広幅、中幅、細幅の読み方を下記に整理しました。


実務では当たり前に使う用語なので、読み方を間違えないよう注意してくださいね。

h形鋼の広幅、中幅、細幅の違いと特徴

h形鋼の広幅、中幅、細幅の違いと特徴を下記に整理しました。

h形鋼の広幅、中幅、細幅の使い方

h形鋼の広幅、中幅、細幅の使い方を下記に整理しました。


構造設計のルールとして、二次部材に広幅や中幅は使わないことが多いです。二次部材は、主に細幅を使います。また、大梁もなるべく細幅を使うと良いです。細幅は重量に対する断面性能が良い部材だからです。※もちろん、梁せいの制約や、荷重やスパンが大きい場合は中幅を使います。

まとめ

今回はh形鋼の広幅、中幅、細幅について説明しました。意味が理解頂けたと思います。広幅、中幅、細幅は、h形鋼の種類の1つです。鉄骨造を経済設計するためには、広幅、中幅、細幅の上手な使い分けが必要です。広幅は、滅多に使うことの無い部材です。安易に使っていない注意してください。また、よほどの理由が無い限り、小梁は細幅が一般的だと覚えてくださいね。※併せて、h形鋼の記事を参考にしてくださいね。

H鋼とは何か?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > h形鋼の広幅、中幅、細幅とは?1分でわかる違い、特徴、使い方