1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のveとは?1分でわかる意味、具体例、ve案、現場のve

建築のveとは?1分でわかる意味、具体例、ve案、現場のve

建築業界にはveという用語があります。Veは、value engineeringの略語で、「建物の機能を維持しつつ、コストを削減すること」です。実務では「ve(ぶいいー)」といいます。今回は建築のveの意味、ve案の具体例、入札の不調とveの関係、現場でのve案について説明します。

建築のveとは?

建築のveとは、建物の機能を維持しつつ、コストを削減することです。Value engineeringの略語です。直訳で「価値技術」ですね。


建築物は、小さな建物でも数千万以上の金額がかかります。Veをすることで、数十万、数百万単位の削減が可能です。特に昨今は、建築工事費の高騰が起きているため、veは欠かせません。


建築物の設計は、基本設計と実施設計に分けられます。基本設計では、建物の性能やコンセプト、概算的に部屋の配置、各部材の断面などを決めます。このとき、「概算の工事費」を提出することもあります。


お客様としては、「この工事に、大体どのくらいの費用がかかるのか?」知りたいのです。


ただ、基本設計段階では、施工業者が決まっていないので、「実際の工事費」は、分かりません。また、実施設計を行うことで、追加費用が発生する場合もあります。


つまり、

が起きます。極端な例ですが、概算工事費が3000万円だったのに、実際の工事費が5000万円では困るのです。


このとき、「ve案」が必要です。5000万円を、できる限りコスト削減する案を考えます。


但し、ve案で重要なことは、建物の機能を落とさないことです。あるいは、お客様に納得してもらった上で、仕上げなどのグレードを下げます。

スポンサーリンク
 

ve案の具体例

私が体験したve案を下記に整理しました。


構造部材の断面は、荷重が減った分、小さくできます。ve案で、躯体のコストを減らしたいと要望がありました。屋根はALC版となり、各部材のサイズを落しました。機能を維持しつつ、コストを下げました。


当初はラーメン構造でしたが、躯体コストを減らしたいため、両方向ブレース構造とした経験もあります。ブレース構造は、空間の使い方の制限、開口の制限があるので、各分野との調整が必要です。

入札の不調とve

建築工事の業者を決定するとき「入札」という方法を行います。入札では、工事の発注者が、工事の概要、予定金額などを発表します(公告という)。発注者は(主に国や地方公共団体)、その工事に応募する業者から「提案書」を受けとります。いくつかある提案書から、最も優れている業者を選び、工事業者を決定します。


簡単に言うと、「この工事やりたい人?」と発表し、「私がやりたい」と手を挙げた人から、提案内容のプレゼンを受けます。その中から、一番良い業者を選ぶのです。


ところが、「誰も手を挙げない(誰もやりたがらない)」工事があります。これを「工事の不調」といいます。


工事が不調に終わる原因は色々ですが、1つは「工事費」です。発注者が提示する予定工事費と、施工業者が考える「必要な工事」が合わないからです。


不調に終わると、ve案が必要かもしれません。ve案で、工事の難易度やコストを下げ、再度入札を行います。

現場でのve案

工事が始まってから、施工者側からveの提案も受けます。例えば、「材質を変えたい」「納まりを変えたい」などです。


設計方針や建物の機能に影響する場合は、慎重に判断しましょう。

まとめ

今回は、建築のve案について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ve案は、建築物の機能を維持しつつ、コストを削減する考え方です。今後、建築設計を行う方、施工管理を行う方なら、ve案を提案することもあるでしょう。建築物は、大変なコストがかかります。コストが大きいと、コストに無頓着になることもあります。コストと機能のバランス感覚は、常に意識したいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のveとは?1分でわかる意味、具体例、ve案、現場のve