1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築工事の工程は?1分でわかる工事の流れ、施工手順、工事の種類

建築工事の工程は?1分でわかる工事の流れ、施工手順、工事の種類

建築工事の工程とは、工事全体の流れのことです(工事の過程)。建築工事の工程は複雑です。色々な工程を経て、はじめて建築物ができます。そのため、1つの建築物ができあがるまで、最低でも数ヶ月から数年かかるプロジェクトもあります。今回は建築工事の工程と流れ、施工手順、工事の種類について説明します。


工事の種類に、躯体工事や地業工事があります。詳細は下記の記事が参考になります。

躯体工事とは?1分でわかる意味、種類、基礎工事、鉄骨との関係

地業工事とは?1分でわかる意味、読み方、種類、土工事との違い

建築工事の工程とは?

建築工事の工程とは、工事全体の流れのことです。建築物の工事は、色々な種類に分かれています。大まかに分けると、


土工事

杭・地業工事

躯体工事

仕上げ工事


などがあります。詳細に分けると、もっと複雑です。建築物をつくるまでの期間は決まっています。よって、その中で工事ごとの工程にかかる期間(工期)を守ります。施工管理者は、全体の工程を把握するだけでなく、工事ごとの工程の把握が必要です。


躯体工事は、雨や台風など天候に左右されます。休日や祝日は作業を行わないことも多いです。あらかじめ休日や天候を考慮した工程を作成します。また、仕上げ工事は工事の種類が多いです。多くの調整が必要なので、工期が長くかかることも覚えましょう。

建築工事の施工手順

建築工事の施工手順とは、施工の流れです。例えば、杭工事を行うとき、実際に杭を打設する手順をいいます。工程と施工手順では、少し意味が違うので注意しましょう。

建築工事の種類

建築工事の種類には、下記があります。


山留・土工事

杭・地業工事

地下躯体工事

躯体工事

仕上げ工事


着工すると(建築物の工事をとりかかること)、まずは工事前の準備にとりかかります。現場事務所を説明したり、仮囲い、隣地との境界線を確認します。準備が終わると、山留・土工事です。


建築物の基礎をつくるため、地盤を掘削します。※山留工事、根切りの意味は下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係


その後、地下構造物(ピットなど)がある場合、地下躯体工事を行います。次に、上部構造の躯体工事を行い、最後は仕上げ工事にとりかかります。※躯体工事の詳細な工事内容は下記の記事が参考になります。

躯体工事とは?1分でわかる意味、種類、基礎工事、鉄骨との関係


地業の意味は下記の記事が参考になります。

地業工事とは?1分でわかる意味、読み方、種類、土工事との違い

まとめ

今回は建築工事の工程について説明しました。意味が理解頂けたと思います。工程とは、建築工事全体の流れのことです。工事の過程と考えてください。施工管理の仕事では、建築工事の工程管理が重要な業務です。建築工事の種類を覚えてくださいね。下記の記事も参考にしてください。

躯体工事とは?1分でわかる意味、種類、基礎工事、鉄骨との関係

地業工事とは?1分でわかる意味、読み方、種類、土工事との違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築工事の工程は?1分でわかる工事の流れ、施工手順、工事の種類