1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 設計と施工管理の違いは?1分でわかる意味、どんな仕事、どちらに適している?
スポンサーリンク

設計と施工管理の違いは?1分でわかる意味、どんな仕事、どちらに適している?

設計と施工管理は、建築学生が就く職業として一般的な2つです。仕事内容は全く違いますが、互いに接点が多いです。今回は、設計と施工管理の違い、仕事内容、どちらに適しているか紹介します。※ちなみに私は大学院卒で、構造設計の仕事に就きました。設計と施工管理の意味は、下記が参考になります。

設計の意味とは?デザインとの違い、veとの関係、仕事の種類

施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い

設計と施工管理の違いは?

設計と施工管理の違いを下記に示します。


設計 ⇒ 物や計画を具体化するための検討・検証

施工管理 ⇒ 施工が円滑に進むよう工程、安全性などを管理する業務。


設計と施工管理の意味は、下記が参考になります。

設計の意味とは?デザインとの違い、veとの関係、仕事の種類

施工とは?1分でわかる意味、読み方、施工主、施行との違い


「設計の仕事」と聞くとデスクワークをイメージされると思いますが、現場に出向いて監理の仕事をしたり、お客さんとの打ち合わせ、建築物を設計する前の現地調査など、外に出て行う仕事もかなり多いです。※監理の意味は、下記が参考になります。

建築の監理とは?1分でわかる意味、管理との違い、仕事内容、資格


また、設計の仕事は


意匠設計

構造設計

設備設計


の3つに分かれています。構造設計の仕事の詳細は、下記が参考になります。

構造設計は、どんな仕事なの?


施工管理は、「現場監督」ということも多いです。職人さんをまとめて、彼らが円滑に安全に、工程通り仕事が進むよう「管理」することが仕事です。現場ごとに仮設の現場事務所を設置し、そこで常駐することが多いです。

あなたは設計と施工管理のどちらに適している?

では、これから就活を始める方は、


「設計と施工管理のどちらが向いているか」


悩むと思います。実は私も学生の頃、悩んでいました。とはいえ、(自分はどちらかというと設計が向いているハズ)と思っていたので、インターンシップで、ゼネコンの施工管理の仕事を体験したことがあります。


その結果、自分には施工管理の適性が無いことがわかりました。


机上の適性診断だけでは、「設計と施工管理のどちらが良いか?」中々わかりません。できればインターンを通して、興味のある会社や仕事を体験しましょう。


とはいえ、何も情報が無いのも不安だと思います。私はインターンに行く前、下記の本を読んで適性診断を行いました。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0


構造設計の仕事内容、適性と、自分が持っている適性がまぁまぁ合致することを確認しました。


また、私は使わず後悔しましたが、就活エージェントを使い、就活のプロから「あなたの適性診断」をみてもらう方法もあります。大手企業を受けるなら、ライバルに少しでも差をつけるため就活エージェントを利用するのも賢い選択です。


就職エージェントにも色々な種類がありますが、例えばキャリアパークの就活エージェントは、


など、あなたの適性をふまえ、優良企業を提案してくれます。もちろん、全サービスが無料で利用可能です。

無料で就活のプロに相談するなら⇒ 【キャリアパーク!就活エージェント!】

まとめ

今回は設計と施工管理の違いについて説明しました。理解頂けたと思います。今後、建築学科を卒業するとき、設計と施工管理はポピュラーな職業だと思います。どちらも魅力のある仕事です。あとは、あなたの適性に合うかしっかり確認しましょう。自己診断や友人、OB、就活エージェントなど、とにかく色々な方面からアドバイスをもらうことを、おすすめします。

無料で就活のプロに相談するなら⇒ 【キャリアパーク!就活エージェント!】


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 設計と施工管理の違いは?1分でわかる意味、どんな仕事、どちらに適している?