1. HOME > 基礎構造を学ぶ > ベタ基礎の耐震性と構造的な特徴

ベタ基礎の耐震性と構造的な特徴

家を新築するとき、基礎は設計者にお任せしていないでしょうか?もちろん、設計者さんは最良の基礎を計画してくれるはずですが、最低限基礎の種類や特徴を理解しておきたいですよね。また、耐震性はとても気になるところです。


そこで今回は、木造住宅の基礎で使われることの多いベタ基礎の特徴や耐震性について特集します。


・そもそもベタ基礎とは?

ベタ基礎とはどういう意味でしょうか。難しく考えなくても大丈夫です。ベタ基礎は、『べたー』としている基礎と覚えてください。ダジャレかよ!と思う人もいますが、そうでもありません。ベタ基礎を構造的に説明するなら、建物の長さ×幅の大きさに造った基礎を意味します。つまり、柱毎に基礎をつくるのではなく、建物全体に大きな基礎をべたーっとつくるのです。


では、どういった構造的な特徴があるのでしょうか?


スポンサーリンク
 

・ベタ基礎の構造的な特徴について

ベタ基礎の構造的な特徴は、安定していることと言えるでしょう。その理由は簡単で、基礎の面積が大きいためです。つまり、柱から作用する軸力に対して支える基礎の面積が大きいほど、基礎に作用する力は小さくなります。


ボートをイメージするといいかもしれません。同じ人数が乗るボートですが、片方は面積が小さくもう片方は、倍以上の面積のボートです。両者を湖に浮かべたとき、どちらが安定性に優れているか?すぐわかりますね。当然、面積が大きなボートの方が安定性が高くなります。


同じようにベタ基礎の安定性は、他の直接基礎に比べて高いと言えるでしょう。一方、建物大きさと同じ面積を基礎にするわけですから、当然コストがかかります。



・ベタ基礎の耐震性は?

ベタ基礎の構造的な特徴は安定性であると説明しました。耐震性についても同じことが言えます。基礎の底面積が大きいので、地震が発生したときでも地震力に耐える基礎の面積が大きいので有利です。また、液状化に対しても、小さな基礎なら沈下しますが、ベタ基礎ならある程度は防ぐことが可能です。もしくは、沈下量が小さくて済みます。


いずれにしろ、ベタ基礎は直接基礎の中では耐震性の高い基礎と言えます。


最も安定性の高い基礎

いかがでしたでしょうか。今回は、安定性の高い基礎としてベタ基礎について紹介しました。ベタ基礎は独立基礎や布基礎よりも、底面積が大きい基礎です。ですから長期重量、地震力に対しても有利な基礎です。


住宅では比較的採用されることの多い基礎形式ですが、他の直接基礎に比べてコストがかかるデメリットもあります。新築の住宅を建てる場合、コストとの兼ね合いを考えて決めていきたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 地中梁が付かない独立基礎のデメリット