1. HOME > 構造力学の基礎 > 移動荷重とは?1分でわかる意味、梁の計算とモーメント、影響線との関係
スポンサーリンク

移動荷重とは?1分でわかる意味、梁の計算とモーメント、影響線との関係

移動荷重(いどうかじゅう)とは、梁や床の上を移動する荷重です。建築では移動荷重を考慮することが少ないです。似た用語に連行荷重があります。今回は移動荷重の意味、梁の計算とモーメント、影響線の関係について説明します。連行荷重、影響線の意味は、下記が参考になります。

連行荷重とは?1分でわかる意味、影響線、せん断力、曲げモーメント

影響線とは?1分でわかる意味、梁との関係、例題と求め方

移動荷重とは?

移動荷重(いどうかじゅう)とは、梁や床の上を移動する集中荷重です。下図をみてください。移動荷重の作用位置はXです。つまり任意の位置に作用します。

移動荷重

移動荷重は、連行荷重ともいいます。連行荷重の意味は、下記が参考になります。

連行荷重とは?1分でわかる意味、影響線、せん断力、曲げモーメント


建築物を支える梁、床は分布荷重として計算することが多いです。床は固定荷重と積載荷重を、「平米当たりの荷重」として考慮します。床を支える梁は等分布荷重が作用すると考えます。室内を移動する荷重(人間など)は、どこに居ても良いような荷重設定がされています。


集中荷重、分布荷重の意味は、下記が参考になります。

等分布荷重とは?集中荷重との違いや使い方について

耐荷重とは?1分でわかる意味、読み方、床の耐荷重と、計算方法


よって、建築で移動荷重を考慮することは少ないです。ただし、クレーン受け梁など梁上を移動する荷重もあります。

移動荷重と梁の計算、モーメント、影響線の関係

移動荷重による梁の反力、応力(モーメント等)の計算は、影響線による方法が簡単です。影響線とは、大きさが1の移動荷重(連行荷重)を任意の位置に作用させて描いた反力、応力図です。影響線の詳細は、下記が参考になります。

影響線とは?1分でわかる意味、梁との関係、例題と求め方


影響線は大きさ1の移動荷重に対する反力、応力を算定します。影響線を1つ描いておけば、作用位置や作用荷重の大きさが変わっても、すぐに対応できます。建築では移動荷重自体が少ないので、影響線を学ぶことは少ないですが、便利な解き方です。

まとめ

今回は移動荷重について説明しました。意味が理解頂けたと思います。移動荷重は、任意の位置に作用する荷重です。移動荷重の意味、使い方、影響線の関係について勉強しましょう。下記の記事も参考になります。

連行荷重とは?1分でわかる意味、影響線、せん断力、曲げモーメント

影響線とは?1分でわかる意味、梁との関係、例題と求め方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 移動荷重とは?1分でわかる意味、梁の計算とモーメント、影響線との関係