1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 増打ちってなに?増打ちの意味と納まり詳細図の描き方

増打ちってなに?増打ちの意味と納まり詳細図の描き方

建築の実務をすると、「増打ち」という言葉を度々聞きます。では増打ちとは何でしょうか。どのような意味があり、梁や柱の増打ちは、どういった納まり図を描けばよいのでしょう。今回は、増打ちについて説明します。


増打ちの意味

増打ちとは、鉄筋コンクリートの柱や梁、床の、構造的に必要な寸法(躯体寸法)に対して、側面あるいは上下面を大きくしたRC部分のことです。下図を見てください。

梁天端より下のバッテン部分が地中梁あるいは梁です。構造計算では、そのバッテン部分を躯体として考慮します。では、その上にあるRC部分は何でしょうか。実は、これが増打ちです。構造計算で増打ちは重量又は剛性として考慮されます。しかし、長期・地震時の荷重を受ける「躯体」ではありません。


このように、増打ちは躯体(構造的に必要な寸法)より大きくした部分です。


増打ちする理由

では、なぜ増打ちをするのでしょう。いくつか理由があります。1つは納まり上の問題です。例えば、型枠の取り外しが困難なため、隙間を埋めるために増打ちすることがあります。RCは値段が安いし、凸凹した形をつくると型枠も大変です。増打ちすることで施工性をよくしているわけです。


2つめが耐久性です。RC外壁は外気に晒されています。つまり、耐久性などの理由で、外側を増打ちします。躯体としては150mmで計算するけど、中性化など、躯体が劣化しないよう増打ちします。


3つめが、見栄えです。例えばRC床は平滑にする必要がありますが、実際、かなりの技術が必要です。普通は躯体の上から10mmか20mmの増打ちをコテ押さえで平滑にします。増打ちにより、床を平滑にして、見栄えを整えます。

スポンサーリンク
 

梁と柱の増打ち補強の納まり図について

増打ちは、構造的に必要な部材ではありません。前述したように、納まり上、見栄え、耐久性により求められています。かといって無筋では壊れてしまいます。よって適切な配筋が必要です。ここでは、柱や梁の増打ち補強例を紹介します。


下図は梁の増打ち補強です。バッテン部分が梁です。その上部にRC部分があります。これが増打ち部です。増打ち部は、躯体と一体化させる必要があるので、このように躯体に対して鉄筋を定着させます。

要するに、梁上の増打ちを一種の梁だと考えてください。梁には主筋やスターラップが必要ですよね。つまり、増打ちにも主筋やスターラップが必要で、上記のような配筋を行います。


下図は梁の側面、あるいは柱側面の増打ち補強です。前述したポイントは変わりません。増打ちは躯体と一体化させます。よって躯体に対して鉄筋を定着させます。

あとは側面に主筋を配置し、スターラップを躯体に定着させればOKです。増打ちの配筋に決まりはありません。ポイントは躯体と一体化させること。そのためには躯体への定着をしっかり行いましょう。


まとめ

今回は増打ちについて説明しました。増打ちの必要性や意味、増打ち補強の描き方が少しでも理解して頂ければ幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 増打ちってなに?増打ちの意味と納まり詳細図の描き方