1. HOME > 構造力学の基礎 > 主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋との違い

主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋との違い

主筋とは、荷重を負担する主要な鉄筋です。主筋は鉄筋コンクリート部材に必ず配置されます。今回は主筋の意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋との違いについて説明します。またスラブの場合、主筋と配力筋を配置します。配力筋については下記の記事が参考になります。

配力筋とは?

主筋とは?

主筋とは、荷重を負担する「主要な鉄筋」です。下図に梁を描きました。梁の主筋は、下図の赤枠内にある鉄筋です。

主筋と梁

梁は、荷重が作用すると曲げモーメントが生じます。主筋は、この曲げモーメントを負担します。曲げモーメントに抵抗する鉄筋が主筋といえますね。これは、柱、基礎、スラブでも同様です。


柱、梁の主筋は、部材の軸方向に配置されるので、「軸方向筋」ともいいます。またスラブは、主筋と直交方向に配置される配力筋があります。スラブの主筋、配力筋の違いは後述しました。

主筋の読み方

主筋は「しゅきん」とよみます。また配力筋は「はいりょくきん」です。柱、梁、スラブ、基礎に関わらず同じ読み方です。

主筋の役割

主筋の役割を下記に整理しました。


上記が考えられます。主筋の主な役割は「荷重を伝達すること」と覚えてくださいね。※クリープについては下記の記事が参考になります。

コンクリートのクリープってなに?その原因と、変形増大係数の関係

各部材の主筋

主筋は、各部材で配置が異なります。柱、梁、基礎、スラブの主筋について説明しますね。

下図が柱の主筋です。柱は4面に主筋があることがポイントです。

柱の主筋

4面に主筋を配置することで、X方向正加力、負加力、Y方向正加力、負加力の4方向の力に対して力を負担します。


また主筋の周りを拘束する鉄筋を、帯筋といいます。帯筋については下記の記事が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係

スポンサーリンク

下図が梁の主筋です。梁の主筋は上下に配置します。上の主筋を上端筋、下の主筋を下端筋といいます。下記の記事が参考になります。

上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋

梁の主筋

また、主筋の周囲にある鉄筋を、あばら筋といいます。あばら筋については下記の記事が参考になります。

あばら筋とは?1分でわかる役割、間隔、表記方法、あばら筋比の計算

スラブの主筋、配力筋の違い

スラブには主筋と配力筋があります。両方とも荷重を負担する(曲げモーメントに抵抗する)鉄筋ですが、下記の違いがあります。


スラブは、短辺方向の方がより多くの荷重が作用します。よって短辺方向の鉄筋が、荷重を負担する「主要な鉄筋」ですね。


配力筋、スラブの設計については下記の記事が参考になります。

配力筋とは?

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

基礎(フーチング)

基礎はスラブと同じ考え方で設計します。よって主筋の考え方も同様です。短辺方向に配置された鉄筋が主筋です。基礎については下記の記事が参考になります。

基礎スラブとは?1分でわかる意味、部分、配筋、設計法

まとめ

今回は主筋について説明しました。主筋の意味が理解頂けたと思います。主筋は、荷重を負担する主要な鉄筋のことです。各部材で、「どの鉄筋が主筋か」理解してください。特に、スラブは配力筋もあるので違いを明確にしたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 主筋とは?1分でわかる意味、読み方、役割、各部材の主筋、配力筋との違い
  2. -->