1. HOME > 構造計算の基礎 > 躯体とは?1分でわかる意味、種類、読み方、仕上げとの違い

躯体とは?1分でわかる意味、種類、読み方、仕上げとの違い

躯体は、建物を支える構造部材を意味します。躯体は、「くたい」と読みます。建築業界では当たり前に使う用語です。また構造設計をすると毎日のように、躯体という用語を使います。今回は躯体の意味、読み方、種類、躯体と仕上げの違いについて説明します。

躯体とは?

躯体とは、建物を支える構造部材を意味します。例えば

・柱(主柱、間柱)

・梁(大梁、小梁、耐風梁)

・床

・壁(耐震壁)


が主な躯体です。※躯体の種類は、詳細を後述しました。


躯体は、私たちが普段の生活で支障が無いこと、地震などの災害で人命が守られることなどを目的につくられます。


躯体は、私たちが目にすることはありません。例えば「柱」ですが、後述する仕上げ材によって隠れています。梁も同様です。


躯体は建築業界での一般用語ですが、建築基準法では別の定義がなされています。「構造耐力上主要な部分」です。前述した、構造部材と同義と考えてよいでしょう。

躯体みたいで、躯体じゃない?

さて、簡単に躯体と判断できないケースもあります。特にコンクリート部材に多いですが、

・腰壁

・垂れ壁

・袖壁


などの「雑壁」や耐震スリットによって切られた


は躯体と見なしません。※スリットについては下記の記事が参考になります。

耐震スリットってなに?耐震スリットの意味と目的、構造スリットとの違い


上記の壁は、構造的に何の荷重も負担していないからです。ただ素人目には、「荷重を負担している壁」と「荷重を負担していない壁」の見分けがつきません。


構造設計の仕事をしていると、「この躯体に孔を空けていいですか?」と聞かれます。雑壁なので問題ないのですが、素人目には躯体だと思ってしまうようです。


「躯体にみえて躯体じゃない部材」は、荷重を負担しない部材です。よく理解しましょうね。

スポンサーリンク
 

躯体の種類

躯体には沢山の種類があります。各躯体について詳細な記事があるので、併せて参考にしてください。

柱(主柱)

柱は代表的な躯体です。主柱は長期荷重(人や物の重さ)、地震力などに抵抗します。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

間柱

間柱は、地震力を負担しません。その代り、風圧力や長期荷重を支えます。

間柱とは?1分でわかる役割、寸法、間隔、胴縁との違い

大梁

大梁は長期荷重と地震力などを支える躯体です。

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

小梁

小梁は長期荷重のみ支える躯体です。

小梁ってなに?1分で分かる小梁の特徴と目的、種類

耐風梁

耐風梁は風圧力に抵抗する小梁です。

耐風梁ってなに?耐風梁の目的、外壁、開口との関係

床は長期荷重に抵抗し、地震力などの水平力を伝える役目があります。思っている以上に重要な躯体です。

スラブってなに?現役設計者が教えるスラブの意味と、特徴、役割

壁(耐震壁)

壁は長期荷重、地震力に抵抗する躯体です。躯体は、仕上げに隠れているので、前述した「躯体じゃない壁」との見分けが難しいです。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

基礎

基礎は、建物全ての重要を支える躯体です。地面の下に埋まっているので、工事現場へ行かない限りみることは少ないです。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

躯体と仕上げの違い

躯体と仕上げの違いは下記の通りです。

・躯体  人や物の重さ、災害による力に抵抗する(支える)部材(構造部材)

・仕上げ 上記以外で、外観や内観を整えるもの


とてもザックリいうと、躯体以外が仕上げといえます。例えば、床のフローリング。フローリングは、それだけで人や物を支えていません。室内環境を良くするために必要で、それらを仕上げ材といいます。

躯体の読み方は?

躯体は「くたい」と読みます。


建築業界では、他の読み方はありません。一度知ると忘れない用語ですが、見慣れない感じですよね。


躯体は下記の使い方をします。

・コンクリート躯体(こんくりーとくたい)

・鉄骨躯体(てっこつくたい)

・躯体(くたい)

・構造躯体(こうぞうくたい)


柱や梁が鉄筋コンクリートのとき、コンクリート躯体(こんくりーとくたい)といいます。また、構造部材を単に躯体(くたい)ともいいます。

まとめ

今回は躯体について説明しました。躯体の意味、躯体の種類など理解頂けたと思います。各躯体の種類、意味を理解したいですね。また、躯体にみえて躯体じゃない部材(雑壁)などの例も余裕がある方は調べてみましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 躯体とは?1分でわかる意味、種類、読み方、仕上げとの違い