1. HOME > 構造力学の基礎 > ふかしとは?1分でわかる意味、コンクリート躯体との関係、壁や梁のフカシ

ふかしとは?1分でわかる意味、コンクリート躯体との関係、壁や梁のフカシ

ふかしとは、コンクリートの躯体を設計時より余分に大きくした部分をいいます。梁幅を「ふかす」や、壁を「ふかす」という使い方をします。今回は、ふかしの意味、コンクリート躯体との関係、壁や梁のフカシについて説明します。また、似た用語で増し打ちがあります。増し打ちは下記の記事を参考にしてください。

増打ちってなに?増打ちの意味と納まり詳細図の描き方

ふかしとは?

ふかしは、コンクリートの躯体を設計時より、余分に大きくした部分をいいます。また、ふかしを設けることを「ふかす」といいます。


各部材の納まりが悪いと、施工段階で、ふかすことが多くなります。


似た用語で、「増し打ち」があります。増し打ちとふかしは、ほぼ同じ用語考えて良いです。但し、「梁幅をふかす」というとき、必ずしも増し打ちを設ける意味ではなく、梁幅そのものを広げる意味としても使えます。


また鉄筋コンクリート外壁は、ひび割れ対策として、躯体の壁厚よりも20mm程度厚くします。この20mm分をフカシ、フカシコンクリートなどといいます。


実務では、増し打ちとふかしは、同じような意味で使われているので、違いを深く考えなくても良いでしょう。

ふかしと、コンクリート躯体との関係

下図をみてください。構造計算で考慮したRC梁が400×800でした。しかし、施工中に壁との納まりで梁幅を40mmふかす必要があると判明しました。

躯体とふかし

ふかした後の、梁幅は440になりますね。昔は、「梁幅は大きくなるからOK」としていました。現在では、「梁幅が大きくなるから、梁の剛性が変わる。全体の計算に影響する」と判断できます。


よって、梁幅は400のままで、「フカシ部分は、構造的に影響しない。但し重量のみ考慮する」と判断することが多いです。


安易にふかしを設けると、重量が大きくなります。梁の応力が増えるので望ましくなりません。また、ふかし寸法が大きいと、剛性も無視できなくなり安全性などで大きな問題です。※剛性については下記の記事が参考になります。

剛性とは?本当に分かる剛性の計算、単位、強度との違い、バネ定数

スポンサーリンク

各部材のフカシ

各部材をふかす例を紹介します。

RC外壁は、一般的に20mm程度ふかします。これは、壁に誘発目地を設け、ひび割れを集中させるためです。誘発目地を躯体に設けると、「躯体の欠損」に繋がり、所定の耐力が得られません。


よって、フカシ部分に誘発目地を設けます。下図に誘発目地とフカシ、躯体コンクリートの関係を示しました。

フカシと誘発目地、躯体コンクリート

その他、壁や梁、柱との関係でふかします。

柱は、壁との納まりでふかすことがあります。また意匠上、柱を円形状や複雑な形状にしたいとき、四角形の躯体に対して、コンクリートをふかします。

円形柱とふかしコンクリート

 

梁は、梁幅をふかすことが多いです。下図のように、梁面と壁面が一致しない設計の場合、施工者側はふかす判断をします。


あるいは、梁同士が交わるとき、梁下端をふかす場合もあります。※下図をみてください。

梁下端のふかし

まとめ

今回はふかしについて説明しました。ふかしの意味が理解頂けたと思います。ふかしは、現場で各部材の納まりが悪いときに行います。現場で起きたふかしは、構造計算で考慮していませんね。重量や応力が問題ないのか確認しましょう。また、今回の記事と併せて、増し打ちについても勉強してくださいね。

増打ちってなに?増打ちの意味と納まり詳細図の描き方

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > ふかしとは?1分でわかる意味、コンクリート躯体との関係、壁や梁のフカシ
  2. -->