1. HOME > 数学の基礎 >変数とは?1分でわかる意味、数学、使う理由、定数との違い
スポンサーリンク

変数とは?1分でわかる意味、数学、使う理由、定数との違い

変数(へんすう)とは、任意の値をとれる文字のことです。関数(かんすう)の式では、x、yを変数とします。1次関数の式はy=ax+bと表します。このときbを定数といいます。定数は定められた値です。今回は変数の意味、数学との関係、変数を使う理由、定数との違いについて説明します。関数、未知数の意味は下記が参考になります。

関数とは?1分でわかる意味、1次関数と2次関数、変数との関係

未知数とは?1分でわかる意味、記号、変数、使い方と数学の関係

変数とは?

変数(へんすう)とは、任意の値をとれる文字です。関数の式では、



を変数とします。関数y=a/xで表すとき、x=1、x=10など自由に数を代入します。xに代入される数に対応して、yの数も変化します。xを独立変数、yを従属変数といいます。関数の詳細は下記が参考になります。

関数とは?1分でわかる意味、1次関数と2次関数、変数との関係

スポンサーリンク

変数と数学の関係

変数は、数学の関数などで扱う重要な概念です。プログラミングなどでも変数は大切です。

変数を使う理由

変数を使う理由に「現象の一般化」「関数の性質の把握」があります。下式をみてください。


y=x2


x、yは変数です。xには任意の数を代入できます。一方、下式のように、ある特定の数でしか成立しない式では、式としてあまり意味が無いです。


y=22


上記をxy座標に表すと、ある1点しか表記できません。一方、変数による関数は下図のようにy=x2がどういう性質を持つのか一般化できます。


図 2次関数と変数

変数と定数の違い

変数と定数の違いを、下記に示します。


変数 ⇒ 任意の値をとれる文字のこと。関数の式ではx、yが変数。x、yにどんな数を入れても良い。値が変化するもの

定数 ⇒ 値が変化せず一定のもの


例えばy=ax2+bx+cの変数はx、定数はa、b、cです。定数は下記も参考になります。

定数項とは?1分でわかる意味、例、次数と係数との関係

まとめ

今回は変数について説明しました。意味が理解頂けたと思います。変数は任意の値をとれる文字のことです。x、yを使います。x、yにはどんな数を入れても良いので、値は変化します。定数との違い、関数も勉強しましょう。下記が参考になります。

定数項とは?1分でわかる意味、例、次数と係数との関係

関数とは?1分でわかる意味、1次関数と2次関数、変数との関係

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 数学の基礎 >変数とは?1分でわかる意味、数学、使う理由、定数との違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事