1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > あき重ね継手とは?1分でわかる意味、規準、間隔と寸法、配筋指針
スポンサーリンク

あき重ね継手とは?1分でわかる意味、規準、間隔と寸法、配筋指針

あき重ね継手とは、鉄筋同士が接触しない(鉄筋同士にあきを設ける)重ね継手の方法です。鉄筋が接触しない継手のため一見「継手強度が不安」に思いますが、所定の規準を満足すれば普通の重ね継手と同等に扱えます。今回は、あき重ね継手の意味、規準、間隔と寸法、配筋指針との関係について説明します。重ね継手、鉄筋のあきの意味は下記が参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

鉄筋のあきとは?1分でわかる意味、最小値、粗骨材との関係

あき重ね継手とは?

あき重ね継手とは、鉄筋同士が接触しない(鉄筋同士にあきを設ける)重ね継手の方法です。下図をみてください。これが、あき重ね継手です。


あき重ね継手1


上図のように、あき重ね継手は鉄筋同士が接触しません。継手強度に不安を感じますが、後述する規準を満足すれば通常の重ね継手と同等に扱えます。重ね継手、鉄筋のあきの意味は下記も参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

鉄筋のあきとは?1分でわかる意味、最小値、粗骨材との関係


鉄筋コンクリート造では、配筋の納まりによっては、継手を設けたいのに鉄筋同士が接触しないことがあります。このとき、あき重ね継手が有効です。

スポンサーリンク

あき重ね継手の間隔と寸法

あき重ね継手の間隔と継手長さの寸法は下図とします。


あき重ね継手1


継手長さ(寸法)=L1

あき間隔=0.2L1かつ150mm以下


上記の規準は、鉄筋コンクリート造構造計算規準・同解説、鉄筋コンクリート造配筋指針などに明記があります。詳細は下記をご覧ください。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説

鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説〈2010〉


なお、L1の長さは鉄筋径に比例します。さらに鉄筋の材質、コンクリートの設計基準強度Fcで変わります。L1の値は下記をご覧ください。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ


例題です。Fc24、SD345、D19のあき重ね継手の間隔と寸法を計算してください。フックは無しとします。


継手長さL1=40d=40×19=760mm以上

あき間隔=0.2L1(かつ150mm)=0.2×760=152mm以上


上記を満足するよう継手を設計します。重ね継手の意味、継手長さの詳細など下記が参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

あき重ね継手の規準と配筋指針

あき重ね継手の規準は下記の書籍に明記あります。


鉄筋コンクリート造の配筋の基本〜応用まで書かれているので参考になります。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説


配筋指針よりも力学的な内容が多いです。上記の2冊はセットで持っておくと良いですね。

まとめ

今回は、あき重ね継手について説明しました。意味が理解頂けたと思います。あき重ね継手は、鉄筋同士が接触しない重ね継手です。所定の規準を満足すれば、通常の重ね継手と同等に扱えます。鉄筋コンクリート造の書籍に規準が明記されているので、確認しましょうね。下記も参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説

鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説〈2010〉

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > あき重ね継手とは?1分でわかる意味、規準、間隔と寸法、配筋指針
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事