1. HOME > 鋼構造の基礎 > 機械式継手とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、カプラー、級について

機械式継手とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、カプラー、級について

機械式継手とは、圧接や溶接以外で鉄筋を継手する方法です。機械的に(溶接や圧接しないこと)継手するので、機械式継手です。今回は、機械式継手の意味、メリットとデメリット、カプラー、機械式継手の級について説明します。なお、鉄筋の重ね継手については下記の記事が参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ


鉄骨の継手は下記が参考になります。

鉄骨の継手とは?1分でわかる意味、保有耐力接合、計算、scss-h97

機械式継手とは?

機械式継手とは、鉄筋同士を機械的に接合した継手です。「機械的に」とは、溶接や圧接以外の方法です。例えば鉄骨の継手では、高力ボルト接合が機械的な接合方法です。


鉄筋でも、機械的に接合する方法があります。下記に機械式継手を整理しました。


鉄筋の機械式継手は、主に「カプラー」と「スリーブ」を使います。簡単に言うと、「筒」です。筒の中に鉄筋を挿入し、固定します。もちろん、ただの筒ではなくて、筒の中にネジを切ったり、筒の中にモルタルを注入して、相互の鉄筋を固定する仕組みです。

カプラーと鉄筋

カプラーとは、鋼管の内側にネジを切ったものです。スリーブは、内側を凸凹に加工した鋼管のことです。両者とも鉄筋を挿入するので、径は大きくありません。


ねじ節鉄筋継手は、ねじ節の鉄筋をカプラーの中に入れて固定する継手です。ねじ節の鉄筋とは、鉄筋の表面をネジ加工したものです。よって、ねじ節鉄筋を、ネジを締める要領でカプラーに挿入できます。ネジがかみ合うことで鉄筋が固定されます。さらに、グラウト材を注入して固定します。


モルタル充填継手は、スリーブに鉄筋を挿入し、モルタルを注入することで固定する継手です。


端部ねじ加工継手は、ねじ節鉄筋をカプラーに挿入し、両側をナットで締め付けて固定する継手です。


鋼管圧着継手とは、鉄筋をスリーブに入れた後、油圧ジャッキにより、スリーブと鉄筋を圧着する工法です。※圧着とは、圧力を加えて接合すること。油圧ジャッキとは、油の力を利用して、力を加える機器。

スポンサーリンク

機械式継手のメリットとデメリット

機械式継手のメリットとデメリットを下記に整理しました。

メリット

・工事が天候に左右されない

・特殊技能が不要


溶接や圧接継手は天候に左右されやすい継手です。雨や風の影響で作業が中止となります。一方、機械式継手は天候の影響がありません。


また特殊技能が不要です。圧接継手は圧接の資格者でないと作業できません。また、鉄筋径により資格の難易度が高くなります。つまり、施工が簡単です。

デメリット

・コストが高い


メリットが多い機械式継手ですが、コストが高いというデメリットがあります。よって、現在は部分的に機械式継手を使う程度です(ほとんどが重ね継手、圧接継手)。


メリットとデメリットを理解して、上手な使い分けが必要ですね。

機械式継手の「級」

機械式継手には、級があります。級により継手のグレードが決まっています。※機械式だけでなく、重ね継手、圧接、溶接でも級が決められています。


継手と級の関係を下記に整理しました。


上記より、SA級が最もグレードの高い継手、逆にC級継手はグレードが低いです。基本的に、SA級かA級継手を使います。

まとめ

今回は機械式継手について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄筋を接合する方法は、重ね継手と圧接だけでは無いのです。機械式継手は施工性がよく、天候に左右されにくい方法です。メリットとデメリットを理解して使用しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 機械式継手とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、カプラー、級について