建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋のあきとは?1分でわかる意味、最小値、粗骨材との関係

鉄筋のあきとは?1分でわかる意味、最小値、粗骨材との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


鉄筋のあきとは、隣り合う鉄筋面の最小値です。鉄筋のあきは、粗骨材、鉄筋の大きさに応じて変わります。今回は鉄筋のあきの意味、最小値、粗骨材との関係、かぶりとの違いについて説明します。※鉄筋のかぶりについては下記の記事が参考になります。

鉄筋の「かぶり」ってなに?かぶりと鉄筋コンクリートの耐久性について

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

鉄筋のあきとは?

鉄筋のあきは、隣り合う鉄筋面間の「最小距離」です。下図をみてください。この距離が鉄筋のあきです。

鉄筋のあき

「隣り合う鉄筋面の距離」です。「鉄筋芯間の距離」ではないので注意してください。


鉄筋のあきは下記の最大値より算定します。


25mmという数字は、一般的に粗骨材の寸法が25mmのためです。


また、鉄筋径の1.5倍以上必要です。例えばD22の鉄筋を使うと、鉄筋のあきは下記の最大値です。


上記より、鉄筋径が22以上から、鉄筋径によるあきが大きくなります。19以下では、31.25mmが優先されます。

鉄筋のあきと粗骨材の関係

鉄筋のあきは、粗骨材を入れるため、という目的があります。粗骨材は25mm程度が一般的です。つまり、粗骨材径より鉄筋のあきは大きくないと、粗骨材が入らないのです。※粗骨材は下記が参考になります。

骨材とは?1分でわかる意味、種類、割合、粗骨材と細骨材の違い

鉄筋のあきとかぶりとの違い

鉄筋のあきとかぶりの違いを下記に整理しました。


下図に鉄筋のあきと、かぶりの関係を示しました。

鉄筋のあきとかぶりの関係

各部材の鉄筋のあき

柱、梁の鉄筋のあきを下記に示します。

柱、梁の鉄筋のあき

鉄筋の密集部分は「鉄筋のあき」に注意

鉄筋の密集部分は、鉄筋のあきが確保されない場合があります。下記に密集する部分を示します。


杭基礎とした場合、杭頭曲げの処理を地中梁で行うため、地中梁の配筋は密です。さらに柱筋、杭頭補強筋が地中梁に定着されるので、複雑な配筋です。※杭基礎、地中梁の配筋、杭頭補強筋は下記が参考になります。

杭基礎とは?1分でわかる意味、設計、杭工事の手順、支持層

地中梁の配筋とは?1分でわかる意味、配筋の名称、鉄筋の種類と特徴

杭頭補強筋とは?1分でわかる意味、計算、鉄筋の定着長さ、溶接長との関係


また梁幅が細く、1段に並べる鉄筋が多い場合も注意してください。鉄筋が1段で並ぶ本数と、梁幅の関係は決まっています。梁幅が300しかないのに、1段で4-D25は並びません。


このため、鉄筋のあきを確保するために、梁幅を広げることもあります。施工途中で梁幅を広げることが無いよう、納まり図を描いて鉄筋のあきをチェックしたいですね。


※梁幅、納まりの意味は下記が参考になります。

梁せいとは?1分でわかる意味、スパン、梁幅との関係、鉄骨、rcの違い

建築の納まりとは?1分でわかる意味、図面、勉強法、おすすめの本

まとめ

今回は鉄筋のあきについて説明しました。鉄筋のあきの意味が理解頂けたと思います。鉄筋のあきは、25mm、鉄筋径の1.5倍、粗骨材径の1.25倍の最大値です。鉄筋径が大きいほど、あきも大きくなるので注意してください。現場で梁幅を広げることが無いよう、設計段階で納まりを確認しましょう。下記も参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋のあきとは?1分でわかる意味、最小値、粗骨材との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事