1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 『鉄筋あき』とは?

『鉄筋あき』とは?

前回、RCのかぶりついて説明しました。かぶりとは、RC部材にとって非常に重要な要因の1つです。かぶりは、RC部材の面から鉄筋までの最短距離を示します。かぶりの説明については、RCのかぶりについて書いた記事を参考にしてください。


さて、「あき」とは鉄筋のあきのことを意味します。鉄筋同士を並べたときの、鉄筋の面同士の距離のことです。


このあきには、規定があって25mm以上且つ粗骨材の1.25倍以上且つ鉄筋径の1.5倍以上を満足する必要があります。


25mmという数字は、一般的に粗骨材の寸法が25mm程度が多く用いられています。そのため、これ以上は大きくしないと配筋したあと、コンクリートが充填されません。


また、鉄筋径の1.5倍以上必要になります。D22の鉄筋を使うと、先ほどの粗骨材径の1.25倍以上よりも優先されるので注意しましょう。



・鉄筋が密集する部分では鉄筋のあきに注意しよう!

一般的な納まり部分は問題ありませんが、鉄筋が非常に密集する部分では鉄筋のあきが確保されない場合があります。


例えば、基礎梁と基礎柱、杭頭補強筋が交差する基礎部です。特に杭基礎を使った場合、杭頭曲げの処理を地中梁で行うことが多く、自然と地中梁の配筋は密になります。これと柱筋が納まるのですが、基礎部では杭頭補強筋が地中梁に定着されるため、非常に複雑な配筋状況となるのです。


このため、鉄筋のあきを確保するために、地中梁の幅を広げる場合もあります。出来れば設計段階で、納まり図を描いてみて、鉄筋のあきをチェックしたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 『鉄筋あき』とは?