建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > いも継手とは?1分でわかる意味、ダメな理由、重ね継手の基準

いも継手とは?1分でわかる意味、ダメな理由、重ね継手の基準

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


いも継手は、同一箇所に設けられた継手を意味します。いも継手は、鉄筋の継手に使う用語で、原則避けます。また似た用語で「いも目地」があります。いも目地は、組積造の積み方の種類です。今回は、いも継手の意味、いも継手がダメな理由、重ね継手の基準について説明します。


重ね継手については下記が参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

いも継手とは?

いも継手とは、同一箇所に設けられた鉄筋の継手です。下図をみてください。このような継手がいも継手です。

いも継手

いも継手は原則避けるべき継手方法で、継手箇所はずらすことが一般的です。継手のずらし方(ずらす長さなど)には、機械式継手、溶接継手、重ね継手により規準が異なります。鉄筋のずらし方については後述しました。


機械式継手は下記が参考になります。

機械式継手とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、カプラー、級について

いも継手がダメな理由

なぜ、いも継手は原則避けるべきでしょうか。いも継手は、鉄筋の継手を同一箇所に設ける方法です。


例えば、たまたま継手箇所に予定外の応力(大きな力)が生じて、継手が壊れるとします。いも継手は、「同一箇所に設けられた継手」なので、壊れるのなら全ての継手が壊れます。


一方、継手位置をずらせば、同一箇所が一気に壊れる事態は避けられます。


そもそも「継手」とは、2つの部材を1つに繋げることです。鉄筋に限らず、接合した1本材と、元々1本の部材では後者の方が安心ですよね。

元々の1本材、接合した1本材

鉄筋は引張力を伝える大切な部材なので、継手を一カ所に集中させるのは避けるべきですね。

いも継手と全数継手、半数継手の違い

いも継手と似た継手に、「全数継手」と「半数継手」があります。下記に違いを整理しました。


・いも継手 同一位置(断面)の鉄筋が全て継手された状態

・全数継手 同一位置(断面)の鉄筋が半数以上、継手された状態

・半数継手 同一位置(断面)の鉄筋が半数未満、継手された状態


鉄筋コンクリート構造計算規準によれば、「全数継手」は避けることが原則です。当然、全数継手よりも継手箇所が多い、いも継手は避けます。


鉄筋コンクリート構造計算規準は下記が参考になります。

鉄筋コンクリート構造計算規準とは?1分でわかる意味、最新版、目次

いも継手と重ね継手の基準

鉄筋の継手は、同一断面に設けずにずらすことが原則です。ずらし方は、重ね継手、機械式継手、圧接などにより方法が違います。

重ね継手

重ね継手は、継手箇所を

・約0.5L1分または1.5L1以上

ずらします。


下図をみてください。L1とは、鉄筋径や強度によりきまる継手長さです。

重ね継手のずらし方

鉄筋の圧接

鉄筋の圧接は、

・400mm以上

ずらします。下図に示しました。

圧接のずらし方


圧接は下記が参考になります。

圧接とは?1分でわかる意味、資格、径違い、検査、ふくらみの関係

機械式(溶接継手)継手のずらしかた

機械式継手は、機械式治具の長さ(溶接長)の中心間距離が

・400mm以上、かつa+40mm

ずらします。下図に示しました。

機械式(溶接継手)継手


機械式継手は下記が参考になります。

機械式継手とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、カプラー、級について

余談(実際にあった話)

ここからは余談ですが、私が担当した建物で、工事業者から平気で「いも継手」にしてよいかと聞かれることがありました。当然認められません。いも継手が施工的という理由だけで、平気で行う業者もいます。注意したいですね。

まとめ

今回はいも継手について説明しました。いも継手の意味を理解頂けたと思います。継手は、2つの部材を1つに繋げているので、元々1本の部材よりも「不安な部材」です。同じ位置に継手を設けないよう注意しましょう。下記も参考になります。

継手ってなに?鉄筋継手の種類と、鉄筋の重ね継手長さ

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【有料メルマガの初回資料が今だけ無料!】1日約13円で情報をアップデート!

有料メルマガを無料で見てみませんか?⇒ 忙しい社会人、学生のためのビルディング・アップデート

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > いも継手とは?1分でわかる意味、ダメな理由、重ね継手の基準
  2. 1級の過去問(計算)解説
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集・図解集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事